Life in Amsterdam

サラリーマンクライマー、山のない国でどこを登る?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Antwerp-Onze Lieve Vrouwkathedraal-

「アントワープはアムスから車で行ける、飯がうまくておしゃれな街だよ。」

アムスへ赴任するまではアントワープという街の名前は聞いたことがあったが、どこにあるのか知らなかった。アントワープはベルギーの北西に位置する港町。小国オランダの南に接する国がベルギーであるため、車でも日帰り旅行可能。何より、「飯がうまくて」が興味を掻き立てた。アムスへ来て数ヶ月、毎日「エサ」並みの飯を食べ続け、「衣食住」の「食」という字を忘れかけてた時期だったからだ。

ちょうど11月初旬に学生時代の友人が、日ごろの激務の合間を縫ってヨーロッパへ旅行に来た。ちょうどその友人もアントワープに興味があるとのこと。ちょうど11月からムール貝の季節になる。目的は違うかもしれないが、これだけ「ちょうど」が揃えば行かざるを得ない。ということでアントワープへ友人と車で日帰り旅行に行ってきた。

アントワープまでは車で約百数十キロ。朝8時に家を出発し高速に乗る。朝から快晴。オランダの空は日本より青く感じる。昨日ワインを飲みすぎたものの気分もいい。10分も経たないうちにすでに田舎の風景が。山のない、ただひたすら広い大地の上で、高速の騒音にびくともしない牛や馬が尻尾を振りながら草を食べている。ひたすら広い大地とひたすら広い空の中を進む。どれだけスピードを出してもあまり早く感じない。
さすがに朝の時間だけあって、反対車線は大渋滞。オランダ南方にあるユトレヒトなどの都市からアムスへ上る車線。「お疲れさん!」と他人事で我が道を進むが、直後に道を間違え、今まで横目で見ていた大渋滞の道を使って引き返す羽目に・・・
なんだかんだでアントワープに付いたのは11時。まっすぐ行けばその半分くらいの時間で到着したはずだが・・・まあよし。

第一の目的地はノートルダム大聖堂。なにやらでかいゴシック様式の教会とのこと。駐車場に車を停め、歩いてその教会を探すもなかなか見当たらない。やっと活動を始めた街には人はまばら。冬の朝の冷たい風が路地を1つ抜けるたびに顔にぶつかる。この近くなんだけどなあ。ちょっと迷い気味。と、突然、鐘の音が。何層にも渡る重厚な音が、込み入った路地に並ぶ家々に反射して聞こえてくる。こっちの方かな?と一本路地を入ると巨大な教会が。
DSCN1157.jpg

思った以上にでかい。とりあえず正面と思われるところに回る。人気はない。と、一人、教会から出てきた。そっとそのドアをくぐり中に入ると厳粛で冷たいにおいが立ち込める。
DSCN1187.jpg

当然ではあるが、中も広い。何本もの石柱が、白いカーテンのように縦のラインを生み出し、高い天井を一層高く見せる。光の入り方まで計算された設計。この高さ、クライマーとして一瞬「登りたい」衝動に駆られ柱に近寄ってみると、結構痛んでいる。地震がない土地でも結構痛むものだなあ。

祭壇近くまで行くとルーベンスの三連祭壇画が飾られる。なるほど、これが、ネロとパトラッシュが最期に見た絵か。そう、アントワープはご存知「フランダースの犬」の舞台となった街。その当時の絵はこうして今も見ることができる。色も鮮やか。修復されたのか?
「キリスト昇架」は生々しく、「キリスト降架」は強く、「聖母被昇天」はやさしい(写真も撮りましたがあえて載せません。是非一度訪れて実際に見てみてください)。

友人は「ネロとパトラッシュごっごをする」とのこと。とりあえずそっと一人にしておくこととする。奥に行くと、背に十分な光を受けたステンドグラスが眩しい。
DSCN1170.jpg

祭壇には地下があり、入ってみると、不気味な雰囲気。暗く、湿っぽく、黴臭い。説明を見てみると、葬儀の後に実際にこの場所に遺骨が埋められていた時期があったらしい。数百の遺骨が発掘されたとのこと。なにか息苦しいので足早に退散する。

快晴の空で十分な光を受けた堂内は様々な色が楽しめる。
DSCN1173.jpg

冬の時期ということもあって観光客の数も少なく、静かな中、落ち着いて時間を過ごすことができた。最後に祭壇前の椅子に座って休憩。
DSCN1166.jpg

やはり観光シーズンを外すのはポイント。友人もパトラッシュを満喫できたよう。十分休んで次の目的地「モード博物館」なるものを目指す。
スポンサーサイト

Antwerp-Mode Museum-

ゆでたまごによりしばらく中断していましたが、アントワープ続き。

友人の希望でモード博物館なるところに行く。そもそもファッションについては疎いほう。このようなところにはこれまで一度も行ったことない、というか、ファッションの博物館自体あまりないのでは?

場所はノートルダムから少し南に下ったところ。ガイドブックには載っているが、アントワープ市街地図にはそれらしきものはない。

少し迷いつつも到着。入り口が奥まっていたため分かりにくかった。どんなもんかと思い、奥へ進むと、木材をふんだんに使った真新しい空間が広がる。天井から射す光が木材と壁材の茶と白のコントラストを高め、清潔感を生み出している。この博物館は2002年にオープンしたらしい。どうりで新しいわけだ。受付には品がよく、フレンチ訛りの英語を話すおばさんが。落ち着いた口調で説明を始める。展示品は2階、そこは有料、他は無料らしい。料金を支払い木材が張り巡らされた頑丈な階段を上がる。

2階にも受付があり、そこで手荷物をロッカーへ。写真はだめらしい。中に入ってみるとはじめは(おそらく)アンティークレースを使った作品が展示。木枠で覆われ、一部の窓から作品を覗き込むような設定。窓自体が虫眼鏡のようになっており、作品の細かな作りが分かる。ファッション史についての知識は露ほどもないため、作りの細かさはすごいと感じるが、その芸術性などはいまひとつ理解できない。

奥に進むにつれ、英語のメッセージが壁や床に現れる。「ノスタルジーとは過去の追憶にすぎないのか?」という感じで始まり、ファッションの歴史を隠喩を混ぜながら哲学的に説いている。英語難しい。はっきり言ってあんまり理解できていない。

ちょっとへこみながら更に奥へ進むと、作品が2つの大きな木製歯車の上で回転している。見せ方が面白い。作品自体も統一感はなく、あらゆる時代の作品を無造作に並べてある。中世のアンティークな作品の横には、昨年つくられた作品が。どうやらその世界では名の知れた人の作品がずらっと並んでいる。ヨージヤマモトってのも。

後ろを振り返ると黒のドレスが並ぶ。その中でも際立って綺麗な作品が。特殊な形をしているわけでもなく、極シンプルなドレスであるがその形が非常にすっきりと纏まっており、派手さはないが自己主張している。クリスチャンディオールの作品。派手派手の作品をつくるイメージがあったが、こんなにすっきりとした美しい作品もあるのか。これが最も印象に残った。作品が黒ばかりなのは見る人を作品の形に向かわせるためか?

更に奥に進むと梯子が円形の部屋に放射状に立てかけられ、その梯子の上に作品がある。チャイナドレス風のものや、着物風のものもある。欲を言えばもう少し近くで見せてほしい。

このモード博物館はファッションに通じている人は一層楽しめると思う。個人的にはこの博物館に併設されている書店が最も良かった。あらゆるデザインに関する書籍が所狭しと並ぶ。特に興味を引いたのが建築関係の本。ヨーロッパ各国の近代建築が紹介してある。オランダにも変な形の建築物は多いが(木靴の形をした建物もある)、この本の中ではドイツの近代建築が多く紹介してあった。

実はアントワープはパリやミラノに続くほどのファッションの街。多くのデザイナーを輩出しているらしい。今回行ったモード博物館の建物には王立アカデミー・ファッション科も入っているらしい。確かに街を歩く若い女性は皆お洒落。アムスと正反対。アムスはファッション的に気はヨーロッパの中で底辺を行く。ファッションに興味いある女性は(皆そうだと思うが)、アントワープでこの博物館やファッション関係のショッピングを楽しむことができるでしょう。

Antwerp-Centraal Station-

モード博物館の次はアントワープ駅へと向かう。

ノートルダム大聖堂からアントワープ駅までは西から東へほぼ直線で結ばれる。ここがアントワープのメインストリートといった感じ。多くの店が軒を連ねる。並びを見ると東京のそれと変わらないが、よく見ると店の奥行きがすごい。それぞれ奥行き50mくらいある。やはり利用できる土地に恵まれた国は違う。ここにいる人が東京に来たら、店の狭さに驚くであろう。

ノートルダムから1kmくらい歩くとそれらしき建物が。
DSCN1207.jpg

ドーム状の屋根が見えるが、でかい。歩いても歩いてもなかなか到着しない感じ。漸く到着。ここからはもうドーム状の屋根も見えない。とりあえず上がっていくとホームに出る。
DSCN1190.jpg

ここもでかい。鉄とガラスが蜘蛛の巣のように張り巡らされて、冷たい雰囲気を出している。
振り返るとANTWERPENと書かれたこれまた立派な門構え。電車に乗ってアントワープに着いてこういう出迎えをしてくれると最高だろうなと感じる。
DSCN1192.jpg

そこをくぐると、薄暗く厳粛な空間が広がる。駅であるため人の行き来は多いのであるが、その中にあって、厳粛な雰囲気に包まれている。ノートルダム大聖堂が陽とすれば、ここは陰といった感じ。
DSCN1196.jpg

石の階段も独特。映画「Untouchable」の1シーンを彷彿とさせる。
DSCN1201.jpg

この場所で休憩も兼ねてゆっくり過ごす。そろそろ腹も減ってきた。ノートルダムの近辺まで戻って夕食を取ることとする。

Antwerp-Moules-

アントワープ駅からまたノートルダムへ引き返す。ノートルダム周辺にムール貝レストランがあるためだ。この旅の最大の目的へ向かう。散々歩き回って疲れているのになぜか足取りも軽い。
ふと振り返ると、夕日を浴びたアントワープ駅が青空に映える。
DSCN1206.jpg

ここくらいから気温もぐっと下がる。やはり晴れると寒さが厳しくなる。ポケットから手が出せないくらい。まあ、それだけムール貝がおいしくなるからよしとしよう。
ノートルダムに再度到着。これも夕日を浴びて午前とは違った顔を見せてくれる。
DSCN1209.jpg

友人のガイドブックに載っていた店に行ってみるがすでに潰れて空き家。やはりここは競争が激しいのか?ムール貝を出す店は多いため、違うところをあたる。ノートルダム裏の市庁舎にたどり着く。ここにもヨーロッパのにおいのする建物が並ぶ。
DSCN1213.jpg

市庁舎の目の前には像があり、水が吹き出ている。しかし、こいつ、なんでこんな格好しているのだ?何がうれしいのか?
DSCN1212.jpg

疑問は解けぬまま大聖堂の目の前にある店に入る。冬の時期ともあって人も少なく、落ち着ける。何をおいてもまずムール貝の白ワイン蒸しを注文。ムール貝はよくスペイン料理のパエリアに入っている黒い貝であるが、これを中心に食べるのは初めて。ハウスワインを飲みながら待つこと15分。ビールピッチャーくらいの大きさの黒い円柱鍋が運ばれてくる。中はとムール貝と、セロリやニンジンといった野菜が一緒にぎゅっと煮込まれてある。それとは別に熱いフライドポテトがマスタードの混じったマヨネーズとともに出てくる。白ワインと野菜で貝のくさみは全くない。貝ごと皿にすくい、身をひとつずつ口へ運ぶ。あっさりだが、海の風味が凝縮されている。ハウスワインとの愛称も最高。ムール貝の他にラザニアかなにかを注文していたが、それはそっちのけでムール貝ばかりほおばる。ふと気づくと友人も同じ行動をとっており、しかも貝殻が私より多く目の前に積んである。厳重注意し、ラザニアに気をそらさせ、その隙に貝を自分の皿に積む。あれだけびっしり詰まっていた鍋もあっという間に空になり、底に泳いでいる、殻からこぼれ落ちた身を友人とともにひたすらフォークで刺す。ものの1時間も経たないうちに完食。至福の時を過ごすことができた。これだけ実の詰まった新鮮なムール貝を食べることができる場所は日本にはないであろう。アントワープまでムール貝を食べにきた甲斐があったと心底感じた。

外に出てみるとすっかり辺りは暗くなり、大聖堂がライトアップされている。
DSCN1217.jpg

この後、友人の希望でアールヌーボー式の建物が並ぶ通りを車で目指すものの、暗闇とアントワープの入り組んだ街並みのため、徹底的に道に迷う。帰りも遅くなりそうだったのでそこはギブアップ。すまぬ。
帰りは1日の疲れがどっぷりたまった体で運転。友人は横で熟睡。何度か睡魔に襲われながら10時過ぎに漸くアムス到着。帰ってすぐに寝たが翌朝も疲れが残っている。パリへ向かう友人をスキポール空港まで送り、空港の出口が分からず空港内を5周くらい車で周り、間違って高速に乗ってしまい、遠回りして漸くオフィスへ到着。メールが昨日食べたムール貝のようにメールボックスにびっしり詰まっており、一気に現実に戻される。

今度は一人でパリにでも行こうか。

Brussel-Galeries St Hubert-

日本から旅行に来た友人と土曜にベルキーのブリュッセルまで車で日帰り旅行。

土曜は朝から雨。7時半に家を出発し、高速に乗る。雨と風が激しい。こちらの高速道路は日本のようにしっかり整備されていないため、水はけが悪かったり、凸凹していたりする。トラックの横を通過するときはまるで洗車場の中を通っているような感じで前が全く見えなくなる。凸凹なところがある上に、強風で押され、ハンドルが取られる。朝一から神経を使いながらの運転を強いられた。

幸い、高速では道に迷うことなく、約2時間でブリュッセルへ到着。市内で多少迷ったものの、何とか中心街のパーキングへ駐車し、まずは朝食を取るためヨーロッパ最古といわれるギャルリー(屋内遊歩道)を目指す。雨は少し勢いを弱めているが、まだ傘が必要。風が強く、傘はあまり役目を果たしてくれない。

ここは、ギャルリー・サンチュベールと呼ばれ、アールヌーボー式の屋内遊歩道。衣類や、靴、ジュエリーといった数々の店が並ぶ。ゴディバやノイハウスといったチョコレートの老舗も入っている。
DSCN1510.jpg

とりあえず適当にMOKAFEというところに入りトーストとホットミルクを注文。トーストに挟まったチーズが熱でとろけていてうまい。ガイドブックを見てみると、このカフェも有名のよう。
DSCN1512.jpg

ギャルリーには彫刻が飾られている。
DSCN1511.jpg

外に出ると、雨は殆どやみ、傘は必要なくなった。目と鼻の先にある聖ミッシェル・エ・ギュデュル大聖堂を目指す。街の風景を一枚。街に起伏があり、様々な風景が楽しめる。
DSCN1519.jpg

Brussel-Cathedrale Sts Michel et Gudule-

食事を取って、いよいよ本格的に街を回る。まずはじめにこの13~15世紀に建築されたゴシック様式の大聖堂。
DSCN1513.jpg

ゴシック様式の大聖堂といえば、前に日帰り旅行したアントワープにあるノートルダム大聖堂も同じゴシック式建築。ノートルダム大聖堂が123mであるのに対し、これは69m。高さでは劣るものの、高台に立っているため、迫力は十分。
DSCN1516.jpg

ノートルダムともうひとつ違う点が、彫刻。ブリュッセルには彫刻が彫られたり、飾られたりされた建物が多い。その意味で前に出張で行ったオーストリアを思い出された。別途紹介しようと思っている、グラン・プラスと呼ばれる広場にある市庁舎は彫刻建築の集大成といった感じ。

大聖堂の正面の彫刻。
DSCN1518.jpg

そして中はこんな感じ。
DSCN1523.jpg

さすが建築様式が同じだけあってノートルダム大聖堂とそっくり。しかし、それぞれの柱にある巨大な像がノートルダム大聖堂とは違った重い空気を生み出している。

曇りの中の光でもステンドグラスを照らすのには十分。
DSCN1527.jpg

Brussel-Cathedrale Sts Michel et Gudule-

聖堂の中には様々な彫刻が。
DSCN1529.jpg

暗い堂内にあって、暖かい光に覆われる場所もある。
DSCN1540.jpg

どっしりと設置されているパイプオルガンも見事。
DSCN1544.jpg

ステンドグラスが張り巡らされた広い窓から、薄い光が差し込む。
DSCN1531.jpg

これが祭壇。うまく光が集まるように設計されている。鏡のような床が印象的。
DSCN1545.jpg

Brussel-Palais Royal-

大聖堂を出て、次は王宮に向かう。ブリュッセルは広い街であるが、見所が凝縮されており、大抵は歩いていけるので便利。これは大聖堂裏の路地。
DSCN1550.jpg

王宮の前にある大きな公園を抜ける。さすがに天気も悪いこともあって人っ子一人いない。風も強く、かなり寒い。

10分弱歩いて漸く王宮へ到着。「長い」というのが第一印象。
DSCN1551.jpg

これは1820年にオランダの統治下に着工されたもの。20世紀はじめに全面的に手直しされたとのこと。内部はルイ14世様式(どんな様式?)になっているようで、入ってみたかったが、9月から6月まで中には入れないとのこと。さすが王宮、休み方も別格。

王宮の前は広い道になっているがこれがまた印象的。
DSCN1552.jpg

石畳がびっしり。車が通るところは若干陥没している。アムスではこれほど広く石畳を敷かれた道は見たことがない。しかし、積雪するとかなり危険な道になるであろう。

王宮の横にはまたいい感じの建物が見える。
DSCN1554.jpg

そっちの方へ回ってみる。

ここはロワイヤル広場と呼ばれるところ。
DSCN1555.jpg

白い建物は1787年に新古典主義様式(ってなんだ?)で建設された、サン・ジャック・シュル・グーデンベルグ教会。広場の中央にある彫像は、11世紀の第1回十字軍の指揮者の一人で、エルサレムの王となったゴッドフロア・ド・ブイヨンとのこと(この辺はガイドブックをそのまま転写)。1848年に建てられた像らしい。高校時代は世界史を選択していたものの、時代背景はさっぱり分からず。勉強不足を痛感。

次はこの広場の前にある王立美術館へ行くこととする。

Brussel-Musee Royalaux des Beaux Art de Belgique-

漸くブリュッセル続き。

ロワイヤル広場の前にある王立美術館を訪ねる。15~18世紀までの古典部門と19世紀~20世紀の印象派やモダンアートを展示する美術館。
DSCN1562.jpg

受付に行くと、いきなり「ボンジュール」という挨拶。ブリュッセルはすでにフランス語域であることを認識。ベルギーにはベルギー語というものがあるらしいが、それはマイナーで、北半分はオランダ語、南半分はフランス語になっており、南北で微妙な対立があるらしい。日本でいう、関東と関西の溝がもう少し大きくなったような感じ。北の人はフランス語は話さず、南の人はオランダ語は話さないという徹底ぶり。とりあえず、自分の中で「ボンジュール」以外に知っている唯一のフランス語を駆使する。「メ、メルシー・・・」。

1日の旅でのひとつのイベントとしてとらえていたが、考えが甘かった。美術館が大きすぎる。各世紀にてそれぞれ巨大なフロアに分かれていて、世紀ずつに時間によって閉室してしまうほど。パリのルーブル美術館の分室として始まっただけある(まだルーブルには行ったことないけど)。

最初はその広さに気づくこともなく、近代部門を回る。モダンアートは相変わらずよく意味が分からないが、印象派は興味を引く。なんか中学のときに美術の教科書で見たことあるタッチの絵がある。近くで見ると、様々な色の点が固まっているだけだが、少し離れてみると影までが浮き上がる。
DSCN1560.jpg

シャガールの作品を発見。ここでは3点展示してあった。サーカスがあればよかったのだけど、これも満足。
DSCN1557.jpg

1時間弱回ったところで、この世紀のフロアは閉館。追い出される。次は15世紀へ行く。

ここは宗教画がメイン。キリストの絵がひたすら並ぶ。困ったことに、この美術館では、大作にこそ英語の説明があるが、その他の作品のタイトルと作者はすべて、フランス語かオランダ語表記のみ。英語のタイトルがあればその背景が多少は想像できるのであるが・・・。「この絵はどんな意味かな?」「まあ、キリスト関係であることは間違いないね・・・」。

最初はゆっくり観ていたものの、「これでは日が暮れてしまう」という危機感を覚え、早足で目に付いたものだけを観る方針へ変更。同じ方針をとる人も多く、早歩きで歩いているにもかかわらず、我々を追い抜く人たちもいる。

漸く15世紀出口まで到達し、そこで館内のカフェで休憩。ジュースを買うが、またもや「○☆×△、セルブプレ?」とフランス語。とりあえず「メ、メルシー」。落ち着いてチケットを見てみると”12hours”という文言が書いてある。おそらく、「チケットは12時間有効」という意味。やっぱ覚悟して回る美術館であることを再認識。

この後は、もう出ようかどうか迷ったが、17~18世紀のフロアが開いていたので、最後にここを回ることとする。ここでの見所はなんといってもルーベンスの巨大な宗教画であった。
DSCN1566.jpg

ここまで観て、この美術館は終わり。この次は、ブリュッセルの有名な観光名所を目指す。

Brussel-Manneken Pis-

次の目的地は王立美術館から少し歩いた、込み入った中心街にある。地図を見ながらそこを目指す。雨風も止んで、それほど寒さもなくなった。

ブリュッセルは起伏のある街で、その起伏に沿ってうまく並ぶ建物は見ていて飽きない。
DSCN1567.jpg

周りの景色に見とれながら歩いていたため、道に迷った。基本的に通りの名前もフランス語のようで、オランダで買った地図だと現在地がうまく分からない。

街角に立っている看板地図を見て場所を確認し、そこへ向けて歩く。徐々にそこへと向かう人の列に合流する。やはり有名らしい。

と、人だかりができている場所がある。あそこがそうか。なんでもない狭い通りの街の角に人が集まり、必死に写真を撮っている。
DSCN1573.jpg

その撮っているものとはこれ。
DSCN1571.jpg

見ればそのままだけど、小便小僧。ジュリアンとも呼ばれているらしい。

別に大きなものでなく、というよりむしろ小さく、町の隅にひょっこり立っている。ブリュッセルはこれが有名なのだ。この像の起源には各説があり、そのひとつは、昔ブリュッセルが敵に包囲され、爆薬が仕掛けられたときに彼が爆発寸前に導火線におしっこをかけて消したとか・・・その勇気を称え像を作ったとか・・・
でも歴史は古く、17世紀に制作されたとのこと。

それより、何で服を着ているのだろう。
DSCN1569.jpg

調べてみると、彼は650着以上の服をもっており、季節やイベントごとに着替えているらしい。で、この衣装はなんだろうか?

はじめから「結構ショボいよ。」と聞いていたが、服を着ていたのは新鮮で、まあまあ、楽しめた。

次はグラン・プラスという広場へ行くこととする。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。