Life in Amsterdam

サラリーマンクライマー、山のない国でどこを登る?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spain-Madrid-

月曜に日帰りでスペイン出張へ行った。

仕事なのでもちろん観光などする時間もなく、基本的に空港とオフィスの往復だけだったが、数点報告事項。

1.イベリア航空は貧乏
昨今は航空業界の不況であるが、イベリア航空では食べ物はおろか、ソフトドリンクを含めた飲み物まで有料となっている。サンドイッチもあまりおいしくなさそう。昨日からの胃腸の不調もあり、朝食はスキップ。

2.山がある
スペインには山がある。街も起伏がある。平坦な土地が無限に続くオランダとは違い、景色に飽きが来ない。遠くに見える雪化粧した山並みは見る人の心を擽る。市内からあの山並みまでは50kmくらいのようで、車でも行くことができるとのこと。岩山も多いようでオランダでは決してできないアウトドアの岩場クライミングができることであろう。
DSCN1480.jpg

3.昼飯が遅い
スペイン人が昼を食べるのは午後2時以降。夕食に至っては早くても午後9時過ぎとのこと。「午後6時に夕食を食べに行っても店が開いてないよ。」と言われた。レストランは9時過ぎに開き、遅いところでは朝2時ごろまでやっているらしい。「じゃあ、朝はいつ食べるの?」と聞いてみたら、その人は、「朝7時ごろ食べて8時には出勤する。」という返事。皆朝食をしっかり取っているのだろう。今となってはイベリアのサンドイッチが恋しい。

4.飯がうまい
昼食に魚料理をご馳走になったが、これがまた最高。ムール貝や海老など、どれも絶品。これなら週7回食べることができる。食べ過ぎてしまい、この日の夕食は取らなかった。というか、自分で用意するまずい飯を食いたくなかった。

5.明るい
午後6時半過ぎでもこの明るさ。最近はアムスも明るくなってきたとはいえ、午後5時には薄暗くなってくる。この空港からまた暗い国へ帰ることはかなり気が重かった。
DSCN1484.jpg
スポンサーサイト

Vienna

先週木曜に日帰りでオーストリアへ出張。ウィーンは雪が積もっていたため、行きのフライトは現地空港の除雪作業のため1時間ほど遅れた。今回も仕事ということで、空港と特約店オフィスの往復だけだったが、いくつか報告事項。

1.KLMはまだ大丈夫
スペインのイベリア航空は飲み物まで有料だったが、KLMは酒はないものの、食事も飲み物もちゃんとついていた。チーズサンドイッチがおいしい。着陸前にはちょっとした甘いお菓子も配られ、イベリアとは対照的。スチュワーデスの身長が180cmくらいあったのが、さすがオランダの航空会社と思わせる。

2.街並み
特約店の、渋みのあるかっこいいおじさんが空港からオフィスまでの道のりで、わざわざ町の中心街を通ってくれた。空港近辺は工業地帯で興ざめだったが、さすがに市内は豪華。車の中から数枚写真を撮った。
DSCN1491.jpg

アムスも西洋風の建築物であふれているが、ここは次の点でアムスとは異なる。まず、アムスの建物は赤茶色がベースとなっているが、ここは白がほとんど。次に、アムスは建物同士が所狭しと肩を寄せ合って並んでいるものの、ここは1つ1つの建物がでかく、窮屈に並んだりしてはいない。アムスより町並みがどっしり落ち着いている感じ。そして最後に、ここが一番のお気に入りであるが、ここではそれぞれの建物に彫刻が施されている。このような美しい彫刻が至る所にあり、見る人を飽きさせない。
DSCN1493.jpg

教会と思われる建物も、落ち着いた趣。わずかに積もった雪が趣を深める。
DSCN1494.jpg

3.ウィナー・シュニッツェル
お昼に食べたのがウィナー・シュニッツェルと呼ばれる、カツのようなもの。ひき肉を広げて揚げているらしく、手のひら大のものが2枚。レモンを絞って食べるが、素直にうまい。レバー肉団子スープも絶品。ここの食事は味付けといい、日本人の口にはかなり合うと感じる。ただ、さすがに量が多すぎて完食はできなかった。うまいものを食べ残す敗北感はこの上なくつらいものがある。

4.だけどKLM
帰りは定刻どおり出発であったが、満席。まあ、2時間弱だから問題ないけど。昼に食べ過ぎたため食欲はなく、配られたサンドイッチは夕食用となる。暗いアムスへ近づき、着陸態勢に入る。やっと帰ってきたかと思った瞬間、機体がかなりの勢いでどすんと着陸。体が若干浮き上がるほどの衝撃で周りからは思わず声が上がる。とりあえず大事には至らず、そのままゲートへ向かう。
滑走路が凍っているときなどは滑らないようにわざと勢いをつけて着陸することがあると聞いたことがあるが、こちらは明らかに凍る気温ではない。まあ、ダッチ式の着陸ということであろう。
機体から降りるときにドアの前でオランダ人のおっさんがパーサーに何か言っている。恐らく「なんだ今の着陸は!機長の名前を言え!危ねえじゃないか!」という感じ。おっさん、でかい体で道をふさいでおたくも迷惑なんですけど・・・

Brussel-Galeries St Hubert-

日本から旅行に来た友人と土曜にベルキーのブリュッセルまで車で日帰り旅行。

土曜は朝から雨。7時半に家を出発し、高速に乗る。雨と風が激しい。こちらの高速道路は日本のようにしっかり整備されていないため、水はけが悪かったり、凸凹していたりする。トラックの横を通過するときはまるで洗車場の中を通っているような感じで前が全く見えなくなる。凸凹なところがある上に、強風で押され、ハンドルが取られる。朝一から神経を使いながらの運転を強いられた。

幸い、高速では道に迷うことなく、約2時間でブリュッセルへ到着。市内で多少迷ったものの、何とか中心街のパーキングへ駐車し、まずは朝食を取るためヨーロッパ最古といわれるギャルリー(屋内遊歩道)を目指す。雨は少し勢いを弱めているが、まだ傘が必要。風が強く、傘はあまり役目を果たしてくれない。

ここは、ギャルリー・サンチュベールと呼ばれ、アールヌーボー式の屋内遊歩道。衣類や、靴、ジュエリーといった数々の店が並ぶ。ゴディバやノイハウスといったチョコレートの老舗も入っている。
DSCN1510.jpg

とりあえず適当にMOKAFEというところに入りトーストとホットミルクを注文。トーストに挟まったチーズが熱でとろけていてうまい。ガイドブックを見てみると、このカフェも有名のよう。
DSCN1512.jpg

ギャルリーには彫刻が飾られている。
DSCN1511.jpg

外に出ると、雨は殆どやみ、傘は必要なくなった。目と鼻の先にある聖ミッシェル・エ・ギュデュル大聖堂を目指す。街の風景を一枚。街に起伏があり、様々な風景が楽しめる。
DSCN1519.jpg

Brussel-Cathedrale Sts Michel et Gudule-

食事を取って、いよいよ本格的に街を回る。まずはじめにこの13~15世紀に建築されたゴシック様式の大聖堂。
DSCN1513.jpg

ゴシック様式の大聖堂といえば、前に日帰り旅行したアントワープにあるノートルダム大聖堂も同じゴシック式建築。ノートルダム大聖堂が123mであるのに対し、これは69m。高さでは劣るものの、高台に立っているため、迫力は十分。
DSCN1516.jpg

ノートルダムともうひとつ違う点が、彫刻。ブリュッセルには彫刻が彫られたり、飾られたりされた建物が多い。その意味で前に出張で行ったオーストリアを思い出された。別途紹介しようと思っている、グラン・プラスと呼ばれる広場にある市庁舎は彫刻建築の集大成といった感じ。

大聖堂の正面の彫刻。
DSCN1518.jpg

そして中はこんな感じ。
DSCN1523.jpg

さすが建築様式が同じだけあってノートルダム大聖堂とそっくり。しかし、それぞれの柱にある巨大な像がノートルダム大聖堂とは違った重い空気を生み出している。

曇りの中の光でもステンドグラスを照らすのには十分。
DSCN1527.jpg

Brussel-Cathedrale Sts Michel et Gudule-

聖堂の中には様々な彫刻が。
DSCN1529.jpg

暗い堂内にあって、暖かい光に覆われる場所もある。
DSCN1540.jpg

どっしりと設置されているパイプオルガンも見事。
DSCN1544.jpg

ステンドグラスが張り巡らされた広い窓から、薄い光が差し込む。
DSCN1531.jpg

これが祭壇。うまく光が集まるように設計されている。鏡のような床が印象的。
DSCN1545.jpg

Brussel-Palais Royal-

大聖堂を出て、次は王宮に向かう。ブリュッセルは広い街であるが、見所が凝縮されており、大抵は歩いていけるので便利。これは大聖堂裏の路地。
DSCN1550.jpg

王宮の前にある大きな公園を抜ける。さすがに天気も悪いこともあって人っ子一人いない。風も強く、かなり寒い。

10分弱歩いて漸く王宮へ到着。「長い」というのが第一印象。
DSCN1551.jpg

これは1820年にオランダの統治下に着工されたもの。20世紀はじめに全面的に手直しされたとのこと。内部はルイ14世様式(どんな様式?)になっているようで、入ってみたかったが、9月から6月まで中には入れないとのこと。さすが王宮、休み方も別格。

王宮の前は広い道になっているがこれがまた印象的。
DSCN1552.jpg

石畳がびっしり。車が通るところは若干陥没している。アムスではこれほど広く石畳を敷かれた道は見たことがない。しかし、積雪するとかなり危険な道になるであろう。

王宮の横にはまたいい感じの建物が見える。
DSCN1554.jpg

そっちの方へ回ってみる。

ここはロワイヤル広場と呼ばれるところ。
DSCN1555.jpg

白い建物は1787年に新古典主義様式(ってなんだ?)で建設された、サン・ジャック・シュル・グーデンベルグ教会。広場の中央にある彫像は、11世紀の第1回十字軍の指揮者の一人で、エルサレムの王となったゴッドフロア・ド・ブイヨンとのこと(この辺はガイドブックをそのまま転写)。1848年に建てられた像らしい。高校時代は世界史を選択していたものの、時代背景はさっぱり分からず。勉強不足を痛感。

次はこの広場の前にある王立美術館へ行くこととする。

PC潰れました

家で使っていたPCが突然潰れてしまいました。幸いもう1台PCがあったため、こうしてブログにアクセスはできていますが、前使ってたのはもはや再起不能の感じ。

アムス赴任前までの写真データはバックアップを取っていたため助かりましたが、それ以後のデータはメールを含めすべて消えてしまいました・・・

ということで、ブリュッセルの続きの写真もすべてなくなってしまいました(泣)。ブリュッセルでの美術館のことや、グラン・プラスのことや、ムール貝のことや、次の日アムスでいった古城のことや、先週金曜にいったAuto Raiというモーターショーのことなど、報告事項は山ほどあったのですが。まあ、しょうがない。また仕切りなおします。

皆様もお使いのPCバックアップは定期的に行うよう、お気をつけください。

万一前のPCが復活した際には、ブリュッセルの続きを報告いたします。

PCデータ救出

なんとかPCからデータファイルを抽出することに成功。まだPCは通常起動できない状態であるが、ひとまず山は越えた。皆様お騒がせしました。

今回陥ったエラーというのはC0000218と呼ばれるもので、WindowsXP/2000でシステムのレジストリ部分が破損し、OSがまったく立ち上がらなくなるというもの。一度このエラーに陥ると、セーフモードで起動しようが、Biosの設定を変えようがまったくOSが立ち上がらない。その凶悪性から「死のエラー」という別称があるよう。なんとも恐ろしいエラーである。

いくつかの原因があるようであるが、私の場合は、PCが勝手にWindows自動アップデートをしている間に電源が落ちてしまい、システムファイルに損傷が生じたようである。

システムファイルの一部が壊れてしまっているが、他のファイル自体は生きていので、データの救出は可能。私の場合、KNOPPIX(クノーピクス)という、CDのみでブート可能なLinuxディストリビューションをもちいて救出した。Knopperというドイツ人が開発したようであるが、これをCDに焼いてそこからPCを起動すれば、Windowsのシステムファイルを利用せずにPCを使えるようになる。なんともすばらしいソフト。

もう1台のPCを使って、この700Mもあるソフトを一晩かけてダウンロードし、CDに焼き、それを使って潰れた方を起動。設定にてこずったが、漸くデータを外部記憶媒体へ抽出することができた。

今回の一件からくる教訓は以下の通り。

・プログラムのインストール中には電源が切れないように注意すべし。特にWindowsアップデートは要注意。

・大切なデータはCドライブ以外に保存すべし。万一のときもCドライブのフォーマットだけで回復する可能性あり。

・Windowsを過信するべからず。定期的にデータのバックアップをCDに落とすべし。

しかし、様々な情報を瞬時に得ることのできるインターネットの便利さにつくづく感心した。PC素人の私でも2日で若干知識がついた。これがなければ、PCからデータを抜き出すのは不可能であっただろう。もっとも、PCが潰れたのも、このインターネットを使用していたからではあるが・・・

ということでまた、ブリュッセルの続き書きます。

Brussel-Musee Royalaux des Beaux Art de Belgique-

漸くブリュッセル続き。

ロワイヤル広場の前にある王立美術館を訪ねる。15~18世紀までの古典部門と19世紀~20世紀の印象派やモダンアートを展示する美術館。
DSCN1562.jpg

受付に行くと、いきなり「ボンジュール」という挨拶。ブリュッセルはすでにフランス語域であることを認識。ベルギーにはベルギー語というものがあるらしいが、それはマイナーで、北半分はオランダ語、南半分はフランス語になっており、南北で微妙な対立があるらしい。日本でいう、関東と関西の溝がもう少し大きくなったような感じ。北の人はフランス語は話さず、南の人はオランダ語は話さないという徹底ぶり。とりあえず、自分の中で「ボンジュール」以外に知っている唯一のフランス語を駆使する。「メ、メルシー・・・」。

1日の旅でのひとつのイベントとしてとらえていたが、考えが甘かった。美術館が大きすぎる。各世紀にてそれぞれ巨大なフロアに分かれていて、世紀ずつに時間によって閉室してしまうほど。パリのルーブル美術館の分室として始まっただけある(まだルーブルには行ったことないけど)。

最初はその広さに気づくこともなく、近代部門を回る。モダンアートは相変わらずよく意味が分からないが、印象派は興味を引く。なんか中学のときに美術の教科書で見たことあるタッチの絵がある。近くで見ると、様々な色の点が固まっているだけだが、少し離れてみると影までが浮き上がる。
DSCN1560.jpg

シャガールの作品を発見。ここでは3点展示してあった。サーカスがあればよかったのだけど、これも満足。
DSCN1557.jpg

1時間弱回ったところで、この世紀のフロアは閉館。追い出される。次は15世紀へ行く。

ここは宗教画がメイン。キリストの絵がひたすら並ぶ。困ったことに、この美術館では、大作にこそ英語の説明があるが、その他の作品のタイトルと作者はすべて、フランス語かオランダ語表記のみ。英語のタイトルがあればその背景が多少は想像できるのであるが・・・。「この絵はどんな意味かな?」「まあ、キリスト関係であることは間違いないね・・・」。

最初はゆっくり観ていたものの、「これでは日が暮れてしまう」という危機感を覚え、早足で目に付いたものだけを観る方針へ変更。同じ方針をとる人も多く、早歩きで歩いているにもかかわらず、我々を追い抜く人たちもいる。

漸く15世紀出口まで到達し、そこで館内のカフェで休憩。ジュースを買うが、またもや「○☆×△、セルブプレ?」とフランス語。とりあえず「メ、メルシー」。落ち着いてチケットを見てみると”12hours”という文言が書いてある。おそらく、「チケットは12時間有効」という意味。やっぱ覚悟して回る美術館であることを再認識。

この後は、もう出ようかどうか迷ったが、17~18世紀のフロアが開いていたので、最後にここを回ることとする。ここでの見所はなんといってもルーベンスの巨大な宗教画であった。
DSCN1566.jpg

ここまで観て、この美術館は終わり。この次は、ブリュッセルの有名な観光名所を目指す。

Brussel-Manneken Pis-

次の目的地は王立美術館から少し歩いた、込み入った中心街にある。地図を見ながらそこを目指す。雨風も止んで、それほど寒さもなくなった。

ブリュッセルは起伏のある街で、その起伏に沿ってうまく並ぶ建物は見ていて飽きない。
DSCN1567.jpg

周りの景色に見とれながら歩いていたため、道に迷った。基本的に通りの名前もフランス語のようで、オランダで買った地図だと現在地がうまく分からない。

街角に立っている看板地図を見て場所を確認し、そこへ向けて歩く。徐々にそこへと向かう人の列に合流する。やはり有名らしい。

と、人だかりができている場所がある。あそこがそうか。なんでもない狭い通りの街の角に人が集まり、必死に写真を撮っている。
DSCN1573.jpg

その撮っているものとはこれ。
DSCN1571.jpg

見ればそのままだけど、小便小僧。ジュリアンとも呼ばれているらしい。

別に大きなものでなく、というよりむしろ小さく、町の隅にひょっこり立っている。ブリュッセルはこれが有名なのだ。この像の起源には各説があり、そのひとつは、昔ブリュッセルが敵に包囲され、爆薬が仕掛けられたときに彼が爆発寸前に導火線におしっこをかけて消したとか・・・その勇気を称え像を作ったとか・・・
でも歴史は古く、17世紀に制作されたとのこと。

それより、何で服を着ているのだろう。
DSCN1569.jpg

調べてみると、彼は650着以上の服をもっており、季節やイベントごとに着替えているらしい。で、この衣装はなんだろうか?

はじめから「結構ショボいよ。」と聞いていたが、服を着ていたのは新鮮で、まあまあ、楽しめた。

次はグラン・プラスという広場へ行くこととする。

Klimhal

27日、日曜日も雪。昨晩降り積もったよう。幸い昼前には明るい日差しが出て、建物の影を雪の上にくっきりと焼きつけている。
DSCN1730.jpg

日は出ているものの、外は恐ろしく寒い。昨日じゃなくてよかった。昨日は、デン・ハーグまで曇り空の中、車でレンブラントとフェルメールの絵を見に行ったからだ。
DSCN1733.jpg

日曜はお決まりのクライミング。今日は、久しぶりに企業研修の日本人友達と、オランダ人のクライミング友達と3人になったので、高い壁のクライミングを堪能した。

まずは、研修生友達の登り。
DSCN1763.jpg

5cのルートを登る。ムーブもスムーズで、見事オンサイト。さすが。

次はオランダ人のおっさん、パトリックの登り。
DSCN1752.jpg

このおっさんは私より強い。数週間ぶりのクライミングといいながらも、難しいルートをがんがん登る。これは、6bのグレードであったが、完登ならず。あとから僕も登ってみたが、6b以上はある。途中でギブアップしたので、全体のレベルは分からないが、5.12くらいの勢いはあると感じる。

僕は紫色のルートに挑戦。これはアムスにきてから何度も挑戦しているルート。7a以上はあると思われ、体感では少なくとも5.12後半はある。ルーフから難しくなり、私はこれから少し行ったところでギブアップ。これは到底登れそうにない。
DSCN1741.jpg

パトリック曰く、最近オランダ人の若いクライマーが頭角を現してきたとのこと。18歳というが、彼は1週間で8a以上のルートを19本登ったそう。最近平山ユージがオンサイトした8cもオンサイトし、「これは8bだ」といってのけたとのこと。本当だろうか?でも、本当だったら、山のない国からクライミングの世界チャンピオンが生まれる可能性があり、それはそれでおもしろいことになるだろう。

Brussel-Grand Place-

ジュリアン君から少し北に歩いたところがグラン・プラスと呼ばれる広場。
DSCN1585.jpg

縦110m、横68mの広場を、美しい建築が囲む。後から知ったが、ここは広場でありながら、世界遺産に登録されているらしい。上の写真右にある建物が、「ブラバン公の館」。広場東に面するこの建物にはカカオとチョコレート博物館が入っているとのこと。さすがチョコ本場。ブラバン公の館の左にある建物の右下端にゴディバがある。
DSCN1591.jpg

上の写真左側の建物にはブリュッセル市立博物館が入っている。広場北に面するこの建物はもとはパン工場だったらしい。ここにはジュリアン君の服650着が展示してあるとのこと。

こんな寒い時期というのに観光客も多い。
DSCN1578.jpg

下の写真で金色の騎士の像が屋根にある建物にはビール醸造博物館が入っているらしい。
DSCN1577.jpg

この広場はアムスのダム広場と比べると狭いが、美しい建物に四方をびっしり囲まれているため、ダム広場より落ち着けるし、雰囲気もいい。広場にある街灯もうまく景色に溶け込んでいる。
DSCN1588.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。