Life in Amsterdam

サラリーマンクライマー、山のない国でどこを登る?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルダリングコンペ結果@Klimmuur Amsterdam

アムステルダムのセントラルステーションに程近いジムで7、8月の2ヶ月間に渡って続いていたコンペの結果がWebに出ていた。

結果は、1位!
310807.jpg

このジムで1位を取ったのは初めて。というのも、このジムはツワモノが多いジムなのだ。

うれしいが、夏休み期間でツワモノ達が参加していなかったのが実情であろう。

捻挫した足は順調に回復、小走りも可能になった。後少しで本格的にクライミング再開できそう。

早く登りてー!
スポンサーサイト

リハビリ@ハーレム

9月2日(日)、漸く出張の疲れも取れてきた。

捻挫した足のリハビリを兼ねてハーレムのクライミングジムKlimmuur Haarlemへ。
DSCN3108c.jpg

このジムで今日からボルダリングコンペが始まったのだ。
DSCN3114c.jpg

軽くアップしてボルダー課題に取り付くが、足はほとんど問題なし。着地だけ気をつける必要アリ。
DSCN3112c.jpg

しばらくすると、店員が大声で何かをアナウンスし、クライミングしていた人たちがぞろぞろと外へ移動し始めた。

どうしたのか聞いてみると、併設してあるスーパーで火災報知器が鳴ったとのこと。

そそくさと荷物をまとめ、外へ。
DSCN3111c.jpg

スーパーの前にはすでに消防車が来ており、消防隊がスーパーに出入りしている。
DSCN3110c.jpg

5分程待たされ、皆またジムに戻り始めた。どうやら誤作動だった様子。

クライミング再開。課題を選んで打ち込む。このストラクチャーだと足も使わず、高さもない。
DSCN3113c.jpg

グレード7を2つ落とせた。復帰戦としては上々。

右足をかばいすぎて左足が少し痛くなったけど、この調子で行けば完全復帰も間近。思ったより治りが早くてよかった。

ルートクライミング@Klimhal

9月6日(木)、会社の帰り、常ジムKlimhalでヨウさんとクライミング。

この夏、モンブランを制覇したヨウさん、沢山のお土産話を持って帰ってきてくれた。なんか、一層たくましくなった感じ。

モンブランの勢いか、ヨウさん、軽いアップの後、難しめの6bにいきなり取り付き、粘り強い登りを見せてくれた!

僕は当初リハビリクライミングにしようと思っていたが、ヨウさん登りに触発され、捻挫する前に挑戦していたどっかぶりの7b+に挑戦。

で、RPできた。日本出張時の夏バテで軽量化されていたのが勝因かも。

結構足も使ったけど、痛みは全くなし。

その後ヨウさんは自己最高の6cでいいトライを見せてくれた。

僕もまた初めて触る7bに挑戦。足を見失いワンテンも、次回はRPできそう。

短時間に次々と登って、腕は完全にパンプ。こんな強烈なパンプ感を味わったのは1ヶ月以上ぶり、気持ちいい。。。

今日のクライミングを持って、ルートクライミングは完全復帰したと言える。後は月末のブロー遠征に向けボルダリングの完全復帰を狙う。

いいクライミングだった。

日没

9月7日(木)、午後9時。
DSCN3118c.jpg

しばらく日本に行っている間に随分暗くなったなあ。

おトルコ再び

9月8日(土)、週末の休日返上でイスタンブール出張。悲しき哉、サラリーマン。

イスタンブールは天気が悪いが暑いと聞いていたが、到着してみれば、天気はよく、涼しい。先月の出張時とは大きな違いだ。

アジア側とヨーロッパ側を繋ぐ橋。
DSCN3127c.jpg

日本が建設に携わり1974年に完成した。僕と同じ歳だ。

海峡を大小の船がひっきりなしに行き交う。
DSCN3129c.jpg

日没。
DSCN3132c.jpg

賑やかなレストラン街で魚を喰らう。
DSCN3139c.jpg

ラマダンを前に人が多いのかと思ったら、現地人曰く、「ラマダンでもこのくらい混みあうよ。」とのこと・・・

トルコ対マルタのサッカーをやっててトルコが得点する度にそこらじゅうから歓声があがる。

ショッピング通りを抜けてホテルへ。
DSCN3145c.jpg

疲れた。

おトルコ2日目

DSCN3146c.jpg

DSCN3149c.jpg

DSCN3150c.jpg

おトルコ3日目

DSCN3156c.jpg

おトルコ4日目→帰還

DSCN3161c.jpg

DSCN3163c.jpg

ボルダリングのち晩餐@コバ家

9月15日(土)、最近天気があまり良くなかったが、週末は晴天に恵まれた。
DSCN3170.jpg

セントラルステーション横のKlimmuur Centraalへコバさん、ハルちゃんと一緒に行く。
DSCN3172.jpg

先週からボルダリングコンペが始まったのだ。常ジムKlimhalは6月以降同じ課題で飽きてしまっていたのでフレッシュな課題にモチベーションも上がる。
DSCN3166.jpg

ヨウさんもジョインし、皆で打ち込む。

途中、ハルちゃんと砂遊び。
DSCN3177.jpg

2時半から5時半まであっという間だった。

足の具合はすこぶる良く、ボルダリングでも痛みなし。このジムは他のジムよりグレーディングが辛めであるが、グレード7を4つ落とすことができ、大漁。ボルダリングも完全復帰です。

クライミング後はお決まりの?晩餐@コバ家。

まゆみさん作、グラタン、サラダなどどれも絶品です。メインディッシュはムール貝のワイン蒸し。ヨウさんのおいしいワインと一緒に心行くまで堪能できました。いつもありがとうございます!

無言で何かを訴えかけるさっくん。
DSCN3180.jpg

パリ日帰り出張

9月17日(月)。早起き、フライト遅延、電車遅延、バタバタした出張だった。
DSCN3183.jpg

朝日、でも夕方から雨

DSCN3186.jpg

落下

また、落下しちゃいました。9月22日(土)、ハーレムのKlimmuurでこそ錬中、ボルダー課題で思いっきり振られて床に2mほど落下。

今度は左足首から落ち、左太ももを強打。

左足首も結構打ち付けたので「こりゃまた松葉杖か?」とヒヤリとしたものの、それ程痛みはなく、衝撃は主に左太ももへいったよう。足首は若干痛いけど、シップ貼ってれば直る程度。

太ももは痛いけど、骨も筋肉も太いので大したことなし。昨年ブルゴーニュで怪我したところと同じところを打ち付けたのがなんとも皮肉。

ブロー遠征前というのに危ない危ない。怪我しないように適度に登らなくては。
DSCN3187c.jpg

こそ錬@Klimhal

9月23日(日)、快晴。週末に晴れてくれるのはありがたい。
DSCN3199c.jpg

セントラルステーション横のジム、Kilmmuurでボルダリングする予定であったが何故かアムスの中心街に車で入れない。後、左に曲がってガード下を20m抜けるだけで到着だったのに・・・

多くの人がバスを使っており、何かイベントでもやっていたのだろうか?

Klimmuurは諦め、A10を北へ回り常ジム、Klimhalへ向かう。

Klimhalで来月10月5日(金)から新しいボルダリングの年間コンペが始めるため、すでに課題が少し作られていた。黄色と黒のホールド課題。

まだ新しい課題は触ってはダメなので、古い課題に取り付くも、飽きてしまってモチ低し。

と外にボルダー課題があったのを思い出した。

7、8個の課題があり、この課題には触ったことなかったのだ。
DSCN3201c.jpg

晴れた空の下、チョークの混じっていない空気でやるボルダリングはいい。
DSCN3202.jpg

2つほど難しめの課題もあり、結構楽しめた。

先日落下したケガは、左足首問題なし、太ももはまだ腫れているけどボルダリングには問題なし。よかった。

新しいシーズンの始まる10月が待ち遠しい。

フォンテーヌブローへ

遅めの夏休みを取ってブローに行ってきます。
週末は天気もちそうだけど、週明けから雨の予報。
晴れて欲しいなあ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。