Life in Amsterdam

サラリーマンクライマー、山のない国でどこを登る?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Team NL的週末

2月2日(土)。朝から勢いよく霰が叩きつける。
DSCN3746d.jpg

午前中に買い物&昼食を済ませ、正午からハーレムのジム、Klimmuurでボルダリング。
DSCN3747d.jpg

ショップが20%引きのセールをやっていたのでついついE9のシャツを衝動買いしてしまった。

打ち込んでいたグレード7をひとつ落とせて満足。

14時にハーレムを発つ頃にはすっかり晴れている。
DSCN3748d.jpg

そこから一度家に戻り、ヨウさんをピックアップ、そしてけいこさんをピックアップし、15時半から常ジムKlimhalでセッション。

クライミングの梯子は初めてだ。

1月のコンペの結果が張り出してあった。
020208.jpg

4位。またアーノルドのちょっと上。最近は強い奴も参加しているので打ち込み甲斐がある。

手首を多少壊し気味のヨウさんも2月のコンペが始まったこともあり、相当打ち込んでいて6bをいくとか落とした。

けいこさんも病み上がりながら多くの課題を落としている。垂壁の6a+があと一手のところまでいった。

ハーレムで2時間、アムスで3時間、結局1日に5時間もボルダリングしてしまった・・・

ボルダリングの後はヨウさん宅でムール貝、マッシュルーム、ピザ、ポテト、ワインなどで夕食。

ヨウさんが持っていたクラックのみのマニアなクライミングDVDを見ながらおいしくいただいた。

打ち込みすぎと若干の飲みすぎだったが楽しめた。
スポンサーサイト

17:30

久しぶりに天気が回復し、日が長くなっていることを実感、うれしい。
DSCN3749d.jpg

DSCN3751d.jpg

西日

新しいオフィス。
DSCN3753d.jpg

広々として快適。何よりビル内にレストランがあるのがいい。

しかし、まだカーテンがなく、晴れると西日の直撃を受ける。
DSCN3755d.jpg

天気が悪いのはいやだし、でも晴れるとまぶしいし・・・

新制度

2月7日(木)、このところずっと天気が悪かったが回復傾向にある。
DSCN3762d.jpg

晴れると寒くなるが例年に比べれば暖かい冬だ。日本のほうが雪降って寒そう。

帰りに常ジムKlimhalでヨウさんとボルダリング。毎月のボルダリングコンペに加え、今月からルートのコンペも加わった。予め数十本の課題が設定され、レッドポイントした課題を月末に申告するという点ではボルダリングコンペと同じ。

それに伴い、今までKlimhalの店員が集計してくれていたスコアを自分で記録することとなった。

会員番号を使ってKlimhalのWebからログインし、登った課題をクリックして保存する。月末に順位が自動計算される仕組みだ。
070208.jpg

ちょっと手間はかかるがこれだと自分の責任で記録できるし、結果がでるのも早いだろう。

今日のボルダリングは絶好調だった。成果は7b+(x1)、7b(x2)、7a(x2)。3月末のブロー遠征に向け鍛えます。

しかし、新制度、けいこさんのように会員ではない人は記録できるのか?聞いてみなくては。

2月9日(土)、先日から天気が回復してきて、今日も朝からいい天気。

今までずっと曇りと雨ばかりだったのでテンションも上がってくる。

こんな晴れの日にはいいことあるのでは?ジムで美女クライマーでも発見できるか?と根拠の薄い期待に胸膨らませ、午前中の買い物完了。

ヨウさんはこの週末用事があるとのことなのでひとりデン・ハーグにでも行ってこそ錬しようと昼過ぎに家を出る。

先日木の下に駐車していたため鳥のフンまみれになってしまった愛車に乗って洗車場まで行く。

晴れていることもあって洗車場混みあっている。

洗車を終わり、ワックスがけしようと車を停めると、いや、目の錯覚か、ボンネットから煙が。

錯覚でなく、確かにボンネットから煙が。ボンネット上げてみると沸騰した鍋の蓋を開けるようにぶわっと煙が・・・

テンション急降下。よく見てみるとクーラントが壊れているようで、熱せされたクーラントが吹き出ている様子・・・

デン・ハーグどころじゃない。しばらくエンジンを止めていたら蒸気は収まった。

洗車場からディーラーまでは幸い車で5分くらいなのでエンジンが多少冷えたら持って行ってみることとする。

待っている間、やることないのでワックスがけ開始。壊れた車をディーラーに持っていくのにワックスがけしている俺、、、テンション更に降下。

ワックスがけ完了し、エンジンを低回転で維持しながらヨロヨロとディーラー到着。また煙発生・・・

しかし、サービスのカウンターには誰もいない・・・

しばらくオロオロしていたら、ガレージからタコ坊主のような整備士がひとり出てきて、「土曜はサービスはやってない」とのこと。すでにテンションは底辺まで来ている。

「エンジンから煙が出てきた、クーラントと思われるがエンジンオイルの警告灯もついている、ちょっとだけ見てくれ」と懇願し、タコ整備士に車を見せる。

「多分クーラント部分だけだと思うがこれ以上車に乗るとエンジンが壊れるかもしれないので、今日はここに置いて、来週月曜日にもう一度来い」とのこと・・・

車からクライミングの道具を取り出し、タコにキーを渡し、とぼとぼ歩いてディーラーを後にする。

このまま家に帰って枕を涙で濡らすのはいやだったため、トラムでセントラルステーションまで行き、Klimmuur Centraalで登ることにする。

ディーラーからトラムの駅までは3kmほどあり、自分的には相当な距離歩く。晴れているのが救い。

KLM本社。
DSCN3778d.jpg

現地人は自転車で風を切っている。気持ちよさそう。
DSCN3779d.jpg

引越しする前のオフィスの通勤に使っていた道を歩く。
DSCN3782d.jpg

漸く駅に到着。ここからセントラルステーションへ。
DSCN3783d.jpg

セントラルステーションからジムを目指す。
DSCN3784d.jpg

駅から5分ほど歩くとNEMOが見えてきた。
DSCN3786d.jpg

そのすぐ近くにあるのがKlimmuur Centraal。
DSCN3788d.jpg

晴れているせいか、人は少ない。
DSCN3789d.jpg

DSCN3790d.jpg

ここで3時間弱ボルダリングに打ち込んだ。一通り課題は落としてそろそろ登れるものがなくなってきていたが、6+と6をひとつずつ落とした。これはリーチが必要とされ、日本人にはグレード以上に厳しく感じる課題だったので満足。

17時過ぎにジムを出る。NEMOに夕日が射す。
DSCN3793d.jpg

今日は1日中いい天気だった。
DSCN3794d.jpg

展示場があるRAIでトラムを降り、2km程歩いて自宅へ。

途中魚屋発見。
DSCN3799d.jpg

キベリング(一番左)とハーリングを購入。
DSCN3797d.jpg

18時近いというのにまだ明るい。春は近い。
DSCN3800d.jpg

DSCN3802d.jpg

僕が住んでいるアパートが見えてきた。
DSCN3804d.jpg

普段車ばかりであまり歩くことなかったが、こうして歩いてみると違った景色が楽しめる。
DSCN3807d.jpg

散々な1日だった。また修理で500ユーロくらい持っていかれるのだろうな。昨年7月の車検で1400ユーロも払って整備してもらったというのに・・・

ただ、故障がディーラーの近くで起こったのは不幸中の幸いだった。ブローの森の中で煙吐かれたと思うとぞっとする。

しかし、美女クライマーのはずがタコ整備士に、、、現実は厳しい。

徒歩通勤

2月11日(月)、週末に車がブッ壊れてディーラーに預けてきたので足がなく、歩いて出勤。

引越し後の新オフィスは自宅から近く、歩いても15分程度。

朝はさすがに寒いが、天気はよく、気持ちがいい。
DSCN3820d.jpg

暖かくなってきたら徒歩通勤を増やすかな。

2月10日(日)、20分ほど歩いてRAI駅まで行く。

アヒル村長を横切る。
DSCN3812d.jpg

道端にはすでに花が咲き始めている。
DSCN3814d.jpg

先週末から一気に春が近づいた感じがする。
DSCN3816d.jpg

City Monkey

2月16日(土)、正午にアムスを発ち、デュッセルドルフへ向かう。

最近欧州は天気がよく、今週末も快晴に恵まれた。
DSCN3823d.jpg

17日(日)にデュッセルドルフ壁の会、ブリュッセルBJCCの方とジムでクライミングのセッションをするのが目的。

ヨウさんが故障のため大事をとって不参加でちょっと寂しいドライブであったが、渋滞もなく、14時過ぎにはエッセンのボルダリングジム、City Monkeyに到着。

ちなみに僕の車は先週水曜に修理完了。修理費270ユーロで重傷には至らなかった。

この日はmachaさん宅でパーティーだけだが、僕はパーティーの前にひとりジムでこそ錬をするという魂胆。

民家の一角にひっそりと”City Monkey”の看板が。
DSCN3825d.jpg

外から見るとジムが開いているのかどうかも分からない。初めて来た時は不安だった。
DSCN3826d.jpg

快晴の土曜午後ともあってジム内は閑散としている。そして寒い・・・
DSCN3828d.jpg

最近コンペでもあったのか、ホールドの数は前回来たときより少ない。
DSCN3831d.jpg

グレードは、易しいものから順に黄、青、赤のテープが初手と最後のホールドについていて、同じ色のホールドを登る。
DSCN3834d.jpg

体感的には黄色で4~5b、青色で5c~6b、赤色で6c~7aくらいでそれほど難しい課題はない。

14時半から16時半までたっぷり打ち込んだ。赤色を10個落として切のいいところで終了。ゴルフボールだけがホールドとなった課題があり、こいつがフリクション全然なくて苦労した。

Macha家にはすでにとしさん一家も到着、その後皆で今巷で話題となっている餃子を作る。材料から吟味されており、安全性に問題なし。

しかし、じゅりちゃん、前回は生まれたばかりの赤ん坊だったけど、今は目もぱっちり開いて一回り大きくなっていて驚かされた。

クマちゃんとヤスさんが揃ったところでパーティー開始。
DSCN3835d.jpg

めちゃくちゃ沢山食べたけど、まだ余っていた。

皆さんと楽しく過ごせ、翌日のためにお酒も程ほどにしてmachaさん宅で就寝。登って食べて飲んで、ぐっすり寝れた。

Session in Wuppertal

2月18日(日)、macha家の朝には目覚ましは必要ない。

なぜならみっくんとあんじゅが叩き起こしてくれるから。起床後3分後にあんじゅをおんぶして部屋を駆け回り、みっくんと暴れ、心臓には悪そうだがすっかり目が覚めた。

いつもそうであるように朝食をご馳走になり、10時半過ぎにmachaさん宅を後にする。

デュッセルドルフから東へ車で40分くらいのところにあるジムでセッション。

Wupperwaende(ヴッパーベンデ)と呼ばれるこのジムに来るのは2回目。前回は06年夏に同様に壁の会の方と一緒にセッションをした。

このジムの売りは前傾したリード壁。
DSCN3838d.jpg

写真より実際の方がずっと前傾している。

到着して早速アップを開始。

しかし、最近はボルダリングばかりでルートは久しぶり。しかもリードなんて昨年10月にベルギーでとしさん、くのいちさんと登ったKlimax以来だ。

ナイメーヘンからマキ&ピーターも到着して、Team NLも活気付いてきた。もうひとりではないのだ!

ゆっくり登っていこうと思っていたが、アップも程ほどに、早速machaさんがリード壁に取り付き始め、僕も登らなくてはいけない雰囲気になってしまった。

初めは軽いやつにしようかと思ったけど、machaさんに勧められるがまま一番傾斜のきつい正面壁へ。

前回のセッション時にはUIAAグレード8(フレンチだと7aくらい)に挑戦したが、前夜の過激な「飲み」も祟って敗退してしまった苦い記憶があり、それを振り切るためにも同じグレードに取り付いた。

オブザベも十分でないままスタート。
11310220_3761429685.jpg

ボルダリングに打ち込んでいたこともあって、ひとつひとつのムーブは大したことないがそれが前傾壁で続くときつい。

後半疲れるもなんとかOS。前回の無念を晴らすことができた。でもやっぱ久しぶりのリード、結構パンプしました。

その後machaさんも果敢にルートを攻める。限界まで登って惜しくもフォール、結構落としてしまったけど、いいトライで刺激になる。

machaさんが登った後のロープ片付け。イクミさん、失礼しまっす。
11310220_1077499227.jpg

昼食休憩。いつもそうであるように昼食までご馳走になる。
11310220_3576291333.jpg

昼食後は上の階にあるボルダリングエリアで打ち込む。
DSCN3841d.jpg

DSCN3845d.jpg

最近コンペがあったようでコンペ課題が残っている。グレードは書いてないが、難しいものも多くあり、打ち込み甲斐あり。

途中からmachaさんもジョインして二人で打ち込む。

この課題は7bはあるかと思われ、結構打ち込んだが体力切れで落とせなかった、残念。
11310220_27352559612.jpg

一方machaさんは垂壁でカンテを使いながらマントルを決める課題を見事落とした。結構打ち込んだ後だったのにいい登りだった。

ふとルート壁を見ると膝をケガしたとしさんがリードしている。
DSCN3856d.jpg

僕があまりレストも入れずにすばやく登るのに対し、としさんは途中しっかりレストして着実に登る。スタイルは違うがそのレストの仕方などが勉強になる。いい登りだ。

クタクタになるまで登って終了。

今回、BJCCや壁の会の新メンバーの方ともお会いできてよかった。

最後に記念写真。
11310220_728307955.jpg

壁の会とBJCCの皆さん、ありがとうございました!

次回はベルギーかな。

時差ぼけ

今回睡眠導入剤なるものを使用したが、抜本的解決ならず・・・
DSCN3862d.jpg

トラル→自由が丘

2月23日(土)、こばさんと一緒に川崎、溝の口にあるセントラルフィットネスクラブへ。
DSCN3864d.jpg

やまださんからタダ券をいただき(ありがとうございます!)、久しぶりの古巣ジムでクライミング。

こばさんは慣れない壁でルート4本登り、その後ボルダリングへ。精魂尽きるまで打ち込んでいた。

僕はピンクの12b/cに挑戦したが、最後の一手が取れなかった、悔しい。次回は落とせそうだが、そのころにはホールドが張り替えられているのだろうな(悲)。

おおうちさんは二日酔い?というのに黄色の12aに打ち込んでいた。最後の一手までいき、非常に惜しいが完登は時間の問題と思われる。

その後、自由が丘までいき、おおうちさん&やまださん、しばたさん夫妻、こばさん、僕で漢江という焼肉屋へ。

この肉がまじやばい。

店のおばちゃん、ロースを持ってきて一言「(あまり)焼かないで。」と。焼肉屋で肉焼くなと言われたのは初めてだ。

しかし、言葉通り、焼きすぎないほうがうまい!
DSCN3868d.jpg

この店に来て味覚が上がってしまった。オランダへ戻ったら苦しみそうだ。しかしこの写真で2食はいけそう。

その後しばたさん行きつけのバーへ移りこれまた数々のおいしいカクテルをいただく。

結局終電まで楽しんだ。

次回もよろしくお願いします!

ボルダリング成績@Klimmuur Haarlem

ハーレムにあるクライミングジム、Klimmuur Haarlemで1~2月に行われていたボルダリングコンペの結果が出ていた。
280208.jpg

4位。あまり打ち込んでいなかったけど、なかなかいい成績だった。

このジムのコンペには初めて参加したので”Niew(=New)”と記載されている。

アムスのジムでは見ない名前ばかり。アムス以外にも強いやつらはいるものだ。

このジムのボルダリング課題の質はよくなっているので今後も参加してみようと思う。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。