FC2ブログ

Life in Amsterdam

サラリーマンクライマー、山のない国でどこを登る?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回ブロー遠征5日目

日時:9月10日(水) 10:00~
エリア:Franchard Isatis、Franchard Hautes-Plaines、Buthiers
参加者:かたやん&なおちゃん、machaさん、ぶち

朝から曇り空が広がるもののそれ程厚い雲ではなく、雨は大丈夫そう。

Avonの駅でかたやん&なおちゃんと待ち合わせ、Franchard Isatisへと向かう。

このエリアはアプローチもよく、幅広いグレードの課題が密集しているので人気が高い。

といっても平日の早朝なのでクライマーは誰もいない。

早速かたやん夫妻にこのエリアの有名課題を紹介。

一通り紹介してアップを開始したら丁度いいタイミングでmachaさんも到着。

今回の遠征に当たって下手な宗教顔負けの強力な勧誘活動を欧州各国に繰り広げた結果、machaさんが1日半だけ参加してくれることになっていたのだ!ありがとう、machaさん!

皆でワイワイガヤガヤとアップ。やっぱりクライミングは大勢でするほうが断然おもしろい!

適度に体が暖まったところで、Isatisに隣接するFranchard Hautes-Plainesへと移動。

目的の課題はSurplpmb de la Coquille、6c。

結構前傾しているがホールドは全体的にいいカチが続く。ブローでありながらスローパーがないという珍しい課題。

これはようさんがブローの初6cとして落とした。おもしろい課題のため、machaさんとかたやんに紹介したかったのだ。

早速machaさんトライ。うまいムーブですぐに上部の核心まで行ったが、縦カチが遠く、そこでフォール。

かたやんも取り付く。やはり上部が遠く、フォールするも、すぐにムーブを組み立て、2、3回のトライで登ってしまった。さすが。

後はmachaさん、打ち込み開始と思いきや、これまた安定したムーブでうまく縦カチの下方を中継して、いい場所を掴み、そのまま登りきってしまった。10便も出していない。

machaさん、ブローでの初6c、祝!でもあまりに簡単に登ってしまったなあ。

その後、この課題のシットスタートに挑戦。

僕は以前に右下からスタートする7a+を登ったが、今回は左下からスタートする7aに挑戦。

数回トライして落とせた。

これ、Bleau.infoに「おたくのWebは右下からのバリエーションしか載ってないけど、この左下のバリエーションも追加してくれる?」と聞いたら、結局右下バリエーションと同じところにアップされた・・・

かたやんは僕の登りを見てフラッシュで登った。強い!

記念撮影。
DSCN4837d.jpg
思いのほか早く皆がこの課題を終了したため再びIsatisまで戻って今度はなおちゃんに打ち込んでもらう。

といっても5aくらいは簡単に登る。

ブローは日本人女性にはリーチ的に厳しいがそこをうまくムーブで解決している。

これは5bの課題。
DSCN4854d.jpg
上部がスローパーでブローらしい課題であるが一撃。さすが。
DSCN4856d.jpg
このエリアで有名なかぶった岩を登るかたやん。
DSCN4847d.jpg
お昼を取って僕が目標としている課題があるエリア、ブーティエへと移動。この時間になると青空が見え出してきた。

以前にこのブーティエでMagic Busを落としたが、元々このエリアはハイボールで有名で、今回是非ハイボールへ挑戦したかったのだ。

すこし迷ったけど、目標課題と対面。

Lady Big Claque、7a+、いやー、高い!
DSCN4861d.jpg
しかし、Petit BoisでのひとりBig Jimとは違い、今回はクラッシュパッド6枚、しかも頑強なスポッター2人、更にかたやんは救命のプロ、なおちゃんは医療関係、machaさんはエンジニア(←これはあまり関係ないかも)なのだ!!

ハイボールに取り付くのにこれ以上の環境があろうか、いやあるまい。

早速トライ開始するも、一手一手が結構遠く、勢いをつけてデッドで進めていかなければならない。

皆でああでもないこうでもないと探りながらトライ。僕はうまくヒールが使えなかったので、トウを使ってみたところ、足ブラになりながらも中間地点の右手が取れた。

そこから慎重に左手を送っていき、体を起こし、上部の深いポケットを取り、体を引き上げるとほぼこの課題は終了。

怖かったけど登れた!登れたけど怖かった!

この後、かたやんが打ち込み、上部で少しヨレてスポッターを恐怖に陥れながらも見事完登!

ということで次の課題へと移動。

次もハイボール、Attention Chef d’OEuvre、7a。これもR&Sのブロー10選に載っているやつ。

この課題の左側にはPartage、8a+がある。

これはさっきの課題よりグレードも低いし、ムーブも分かりやすいのでさっきの課題よりは簡単に登れるかもと思って取り付くが、結構きつい。

下からひとつ目の縦カチを取り、次の縦カチへ体を引き上げるが、リーチ的にピンピンでうまくカチが持てない。

machaさんも同じところで苦しむ。

かたやんはリーチがあるためふたつ目のカチを取るところは問題ないが、そこから体を引き上げるところで苦戦。

いやー、こんなに打ち込むことになろうとは。

僕は一度ふたつ目のカチがうまく持て、体を上げて次のホールドを触ったところでこれまたフォール。

そういえば僕、垂壁課題、苦手だったんだ・・・Bas Cuvierの垂壁課題La Jokerでも相当苦しんだ。傾斜がなくなればなくなるほど弱くなる。スラブに至ってはエレファントの6b課題で敗退したことがあり。

3人共に敗退モードが漂う。

これを一気に払拭したのがやはりかたやん。

相当打ち込んだ後、縦カチを両手でスタティックに取り、後一手伸ばせばガバというところでムーブが止まる。

すでに結構な高さでスポッターは緊張を強いられるが、「ガンバ!一手出せ!」と浴びせたところ、デッドで右手が出て、うまくホールドを捉えた!

そのまま慎重に左にトラバースして見事に完登!歓喜の雄叫びがこだまする!

いやー、いい登り見せてもらいました。格好よかった。

僕とmachaさんは宿題となってしまいました・・・

記念撮影。
DSCN4862d.jpg
ええい、垂壁とスラブなんてこの世からなくなってしまえばいいのだぁ!!

この後は4人でフィリップのビストロへ。

色々な話をしてあっという間に時間が経ってしまった。

当然翌日もセッションすることに決定。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://climbingbuchi.blog95.fc2.com/tb.php/711-7c5f4908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。