Life in Amsterdam

サラリーマンクライマー、山のない国でどこを登る?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿泊

ブロー滞在に当たってはホテル・ジト(週単位での貸家)・キャンプといった方法がある。ジト・キャンプについては過去のRock&Snow 37号(2007年9月)で紹介があるのでそこも参考にしていただきたい。

1.ホテル
Etap Hotel Fontainebleau Avon
料金:40ユーロ(一泊一部屋、朝食なし)
住所:46, Avenue Franklin Roosevelt, 77210 Avon
GPS:N48°24’57.70 E2°43’20.32
電話:(+33) 89 26 80 794
予約:Webで可能(クレジットカード必要)。キャンセルは当日19:00まで可能(キャンセル料なし)。
備考:英語可、朝食は一人プラス5ユーロ
*今後いろいろとGPS情報も記載しますが、クリックするとGoogle Mapで位置がわかります。
DSCN5095d.jpg
Fontainebleau Avon駅から歩いて5分弱の便利なホテル。特にブローで車を利用しないクライマーにお勧め。このホテルから市街の方へ1分歩けばChampionという大きなスーパーがあり、ここで大体のものは手に入る。ホテル周辺にレストランも数軒ある。

受付でクレジットカードか現金で支払いするが、禁煙部屋がよければこのときにお願いする。受付のお姉さんは英語可。支払い後、部屋番号とパスワード(6桁数字)が書かれた領収書をもらい、部屋のドア部分にある機械にパスワード入力すると鍵が開く。パスワードはいつも財布などに入れて携帯しておくように。

お昼の時間は受付がいなく、ロビーのドアが閉まっているため、入り口に設置されているタッチパネル式の自動チェックイン機でチェックインする。
DSCN5097d.jpg
英語での案内表示あり。予約に使ったクレジットカードを挿入し、機械の言うとおり進んでいくと部屋番号とパスワードが書かれた領収書が吐き捨てられるように出てくる。紙はそのまま地面へヒラヒラ落ちていき、掃除後の水溜りに浸水した苦い経験あり。一泊以上予約している場合でもこの機械でチェックイン・支払いできるのは初日宿泊分40ユーロのみ。夕方以降改めて受付で残りの宿泊代を支払う必要あり。

部屋は2段ベッドが設置されており、下段はダブルなので上段と合わせて最大3名で宿泊可能。
DSCN5098d.jpg
DSCN5099d.jpg
1部屋40ユーロなので3名だとひとり頭約13ユーロ。それに加え12歳以下の子供であれば2名まで追加料金なしで同室に宿泊可能。部屋の中にトイレとシャワーがあり、シャワーにはバスタブがついているのでクライミングの後、湯にどっぷり浸かれるのが実にいい。欧州のホテルでは途中で湯が切れて水に変わったりすることがよくあるがこのホテルでは湯は使い放題。
DSCN5105d.jpg
DSCN5106d.jpg
各部屋にバスタオル・石鹸・プラスチックカップが2つずつある。テレビあり。冷蔵庫なし。暖房あるが冷房なし。ドライヤーは受付に言ったら貸してくれるが台数が限られている。チップは必要なし。

部屋間の壁はあまり厚くない。週末は酒を飲んでうるさい輩がいることがあるので耳栓を準備しておくといい(自らそのうるさい輩に変貌することもままあるが)。

朝食は一人5ユーロ。朝、その場で支払って朝食を取ることも可能。バケット、チーズ、ヨーグルトといった簡単なものだけだが、温かいコーヒーが飲めるのがいい。

駐車場はホテルにあり、宿泊者はもちろんフリー。20台以上停められるので満車になる心配はあまりない。夜遅く戻ってくるとホテル前のゲートが閉まっていることがあるが、ゲート横の機械に部屋のパスワードを入力すると開く。

セキュリティー面は今まで使ってきた経験から問題ないと感じるが、部屋を出るときは貴重品は持ち出すか、スーツケースに入れて鍵を掛けるかしておいたほうがいい。


Formule 1 Moret Fontainebleau
料金:30ユーロ(一泊一部屋、朝食なし)
住所:Zone artisanale, Lieu-dit “Saint Lazare” 77250 Ecuelles
GPS: N48°22’05.17 E2°50’14.92
電話:(+33) 89 17 05 326
予約:Webで可能(クレジットカード必要)。キャンセルは当日19:00まで可能(キャンセル料なし)。
備考:英語不可、朝食は一人プラス4ユーロ
DSCN4748d.jpg
ブロー市街から東へD606に沿って約10km行った、Ecuellesという町にあるホテル。D606を東へ走っていたら左手に黄色い看板が見えてくるのですぐ分かる。

Etapと同じAccor Hotel系列で設備は似ている。一泊一部屋30ユーロとEtapより割安であるが大きな違いはトイレ・シャワーが共同で部屋の中に設置されていないこと。

基本的に常時受付がいるのでEtapのような自動チェックインはない。受付に人がいないときは、インターフォンを使えば中から出てくる。英語は通じない(以前片言で英語をしゃべる女性がいたが最近見ない)。日本で言う1階はうるさいので2階以上の禁煙部屋をチェックイン時にお願いすることをお勧めするが、如何せん、英語が通じないのでなかなかうまくいかない。

トイレ・シャワーはそれぞれ独立した個室として各フロアにそれぞれ2、3台ずつ設置されている。共同ということであるが掃除はきちんとされているので不潔感はない。シャワー室には液体石鹸が設置されている。バスタブはない。設備に関してはトイレ・シャワーが室内にないこと以外は基本的にEtapと同じ。

各部屋にバスタオル・プラスチックカップが2つずつある。テレビあり。冷蔵庫なし。暖房あるが冷房なし。ドライヤーはシャワー室に設置されている。チップは必要なし。

駐車場は十分な広さあり。夜はホテルの前のゲートが閉まる場合があるが、開け方はEtapと同じ。

セキュリティ面は少し心配。以前宿泊した際に他の部屋で置き引きがあったようで警察が来ていたときがあった。貴重品は部屋には置いておかず持って出たほうがいい。このホテルはEtapより安く、フィリップのビストロにも近いというメリットがあるが、設備面・セキュリティ面で女性が泊まるのはお勧めしない。僕もEtapが空いている限りはEtapに泊まるようにしている(湯船にも浸かれるし)。


2.ジト(GITE)
基本週単位での貸家。家具やキッチンが備え付けなので自炊ができる。下のWebサイトから検索可能(Townで”Fontainebleau”やその近郊の町の名前、”Barbizon”、”Arbonne”、”Samoreau”、”Ury”、”Milly-la-foret”、”Larchant”、”Nemours”などを入力する)。
http://www.gites-de-france.com/gites/uk/rural_gites


3.キャンプ
Webで検索可能。
http://campingfrance.com/index.jsp?lg=uk

Camp Municipal
GPS:N48°25’25.94 E2°45’02.97
電話:(+33) 1 64 23 72 25
設備:シャワー、トイレ
Fontainebleau Avon駅から3km弱東に位置するサモロ村のミュニシパルキャンプ場
春から夏にかけてしか営業してないようなので事前に確認する必要あり。

La Musardiere
GPS:N48°23’40.35 E2°30’24.90
E-mail :lamusardiere@infonie.fr
電話:(+33) 1 64 98 91 91
料金:大人一泊6ユーロ
設備:シャワー、トイレ、ランドリー
ブロー市街から西に行ったTrois Pignonsという地域にあるミュザルディルキャンプ場
DSCN5069d.jpg
DSCN5066d.jpg
DSCN5068d.jpg
ここからだと95.2、Roche aux Sabots、Cul de Chienといったエリアが近い。

VIVI SITE
UK在住Akoさんから耳寄り情報。ブローの南のMarlotteという村近くのD58沿いに無料のキャンプ場VIVI SITEというのがあるらしい。この辺かな?森の中であやしい水道?と強烈なボットントイレがあるらしい。

ジトとキャンプについてAkoさんよりいい情報いただきました!Thanks、Akoさん!
スポンサーサイト

コメント


私がり行ったときは5人のグループだったのでGITEを一週間借りました。
場所も選べるし、キッチン付きなので自炊が出来るのが嬉しい。ちなみに私達が借りた所には卓球台があり、夜盛り上がりました(笑)
Gite de france はオンライン予約可です。4人以上だと安上がりですね。
http://www.gites-de-france.com/gites/uk/rural_gites

あとは秘密のフリーキャンプ場。(もう秘密じゃないわ)
VIVI SITE と皆呼んでます。場所の説明はすごく難しいのですが、Marlotteというビレッジの手間D58沿いです。森の中で、あやしい水道あり、トイレはボットンで臭いが強烈なので覚悟していかないと駄目。まあタダなので・・・・
落ちついてのんびりした所、ギター奏でたりslacklineしたりいいかも。キャンプ好きにはもってこい。

  • 2008/10/14(火) 23:56:27 |
  • URL |
  • ako #-
  • [ 編集]

情報ありがとうございます!早速追記してみましたよ!
「あやしい水道」、気になる・・・

  • 2008/10/15(水) 05:18:06 |
  • URL |
  • ぶち #-
  • [ 編集]

ぶちさんのまとめ素晴らしい。
ちゃんとしたキャンプ場あるんですね、嬉しい情報。
「あやしい水道」とは、水が濁ってるのと出たり出なかったりなのです。

  • 2008/10/17(金) 00:27:54 |
  • URL |
  • ako #-
  • [ 編集]

濁っている・・・出たり出なかったり・・・
確かにあやしいですw
とても飲料水としては使えませんね。

  • 2008/10/17(金) 05:43:31 |
  • URL |
  • ぶち #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://climbingbuchi.blog95.fc2.com/tb.php/722-c3f0f8dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。