FC2ブログ

Life in Amsterdam

サラリーマンクライマー、山のない国でどこを登る?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15回ブロー遠征1日目

日時:10月18日(土) 14:00~
エリア:Cul de Chien、Roche aux Sabots
参加者:ぶち

6時半過ぎに弱い雨が降る暗いアムステルダムを発つ。

1時間もしないうちに晴れ間が見え出す。天気予報ではブローは晴れとなっていたので予報は当たっているようだ。

8時半になり漸く空が明るくなってきた。
DSCN5036d.jpg
フランスに入り、いつものサービスエリアでいつもの朝食を取る。
DSCN5040d.jpg
リールを過ぎたところでひどい渋滞に遭い、40分くらい待たされたがその後は問題なし。
DSCN5044d.jpg
13時過ぎにブローに到着、Championで買い物を済ませてエリアへ向かう。

紅葉したブローの森の中を運転するのはなんとも気持ちがいい。
DSCN5063d.jpg
到着したエリアはRoche aux Sabots。

土曜なのでリソール屋SOS Escaladeが来ていた。

ここではリソールのほかに、トポ、シューズ、クラッシュパッド、ホールドといったものを販売している。
DSCN5076d.jpg
「緑トポ」と「白トポ」も購入できる。
DSCN5074d.jpg
そのほか、ブロー近郊の地図やトレッキングルートも売られているようだ。
DSCN5171d.jpg
シューズを物色していたらどこかで見たことある犬が。
DSCN5080d.jpg
そうだ、これはJoの犬だ。振り向くとJoがいて、挨拶すると名前を覚えてくれていた。「Bleau.infoで登っているビデオも見たよ」とのうれしいコメント。

JoはこのSOS Escaladeで売られているクラッシュパッドの納品に来たらしい。Jo自身、i-bbzというショップを運営しているのだ。
DSCN5075d.jpg
この日はこのエリアで登るわけじゃなくてFranchard Cuisiniereに行くとのこと。どうやらトラバースのプロジェクトがあるらしい。

「長いトラバース課題作っているんでしょ?」と聞いてみたところ、12mくらいあるとのこと・・・

Joと別れ、Cul de Chienを目指す。

さすがに10月ともなると気温も下がり、砂漠のアプローチは楽になる。

といっても下地が砂なので暖かく、この時期でも裸族がいる。
DSCN5083d.jpg
Cul de Chienの有名な岩。ルーフを抜けるLe Toit du Cul de Chien(7a)が人気課題だが、写真はその右のToit aux Grattons、7b。
DSCN5089d.jpg
右足のホールドが壊れて少し難しくなったよう。

アップをしていると興味津々の子供の視線が。
DSCN5090d.jpg
このエリアで目標としているのがこのEclipse。ルーフでのムーブは分かったが、垂壁に抜けるところのムーブが遠いため今回の遠征ではここをどうにかするのが目標。
DSCN5093d.jpg
丁度この岩にたどり着いたときに日本人らしきクライマーが。

「もしかしてぶちさんですか?」と。こういうの、前の遠征でもあったような・・・

お会いしたのは岐阜でクライミングジム「Xウォール」を経営されているたまいさんご家族。

僕がブロー遠征に行く直前にブログにコメントいただいていたのだが、その後たまいさんはネット環境から遠いところへ移動したため連絡が取ることができなかったのだが、本当に偶然このエリアでお会いできた。

かたやん夫妻もそうだし、Joもそうだし、たまいさん一家もそうだし、これだけ広いブローの森の中で偶然に出会うとは。しかもひとり遠征の時ばかり。人を引きつける「孤独&寂しい」オーラを発しているのだろうか。

奥さんのみわこさんが登っている間に僕はEclipseを触る。

ルーフでの移動はスムーズになったが、ルーフを抜けるところで右手で垂壁のしわスローパーを叩き、足でフッキングした後に左手を伸ばすが、左のクラックまで距離が遠くて届かない。
DSCN5092d.jpg
何度か繰り返しているうちに左足の使い方が少しずつ分かってきた。

5回以上トライしてやっと左手が少し届き、その後は安定して届くようになったが、そこから左手を上に移動させようとすると左足が外れて足ブラになり落ちてしまう。

10回程トライして、休憩。

たまいさん一家はこの日から別のジトに移動でチェックインが必要なのでこの場でお別れすることになったが、フィリップのビストロにお誘いしたら快くOKとの返事。

その後はひとりで少し続けるつもりであったが、左手が取れたのがうれしくてまた打ち込んでしまった・・・

ルーフ課題は指だけでなく腕や腹筋がヨレてくる。打ち込みすぎたことを反省しつつ退散。

待ち合わせまでまだ時間があったので、帰りにRoche aux Sabotsに寄ってみた。

Sale Gosseに打ち込んでいるクライマーがいて、ロッテルダムのジムのTシャツを着ていたので話しかけてみたところ、実は以前にアムステルダムのKlimhalで会ったことのあるオランダ人クライマーだった。

いろいろ話しているうちに「お前もトライしてみろよ」ってことになり、トライ開始。登るつもりはなかったのだが。もう体はヨレているのにがんばってしまい、しかし当然登れず、敗退。無駄に体力を使ってしまった・・・

ホテルに戻り、着替えだけしてたまいさんとの待ち合わせのFontainebleau Avon駅へ。
DSCN5109d.jpg
ビストロへ到着し、いつものようにお土産を渡し、自分で部屋の電気をつけ、テーブルの用意をする。

たまいさんはビーフ、みわこさんは魚、僕はフォアを堪能。

たまいさん一家は11月中ごろまでフランスに滞在されるとのこと。ブローだけでなく南仏でのクライミングも楽しまれる予定、うらやましー!

いろいろ話しているうちに赤ワインも結構進んでしまった。

デザートまでしっかり食べてビストロを後にする。翌日もCul de Chienにいらっしゃるということで、午後にまたご一緒することになった。
スポンサーサイト

コメント

また、ブロー行ってるし。
もういけないと分ってるから、うらやましいようなさみしいような。
またしても良い出会いがあったようですね。
Eclipseがんば!ってもう結果はでてるんだろうけど。

  • 2008/10/25(土) 08:15:51 |
  • URL |
  • かたやん! #-
  • [ 編集]

残念ながら敗退ですw
もう行けないと思わずもう一度行きたいと思っていたらそのうちチャンスは巡ってくると思いますよ!
まずはリハビリ、ガンバ!

  • 2008/10/26(日) 04:57:30 |
  • URL |
  • ぶち #-
  • [ 編集]

Etapっす

先日は大変お世話になり ありがとうございました。
土曜日でジトは出ちゃったのですがブローに名残が尽きず、ぶちさんお勧めのEtapで三日ばかり延長です。お風呂最高です。下痢気味だった娘も一撃で「ころころうんち」になりました。私の椎間板も癒されます。
今日はフィリップのビストロだ!

  • 2008/10/26(日) 19:40:11 |
  • URL |
  • X店長 #AJ0mO1BE
  • [ 編集]

こちらこそありがとうございました。お陰さまでクライミングだけでなく、フィリップのビストロでも楽しい時間を過ごすことが出来ました!
Etapの風呂、いいですよねー。湯船に浸かれるだけでも選ぶ価値アリです。
フィリップのビストロ、いいなあ。
是非11月入ったらブローに戻って是非鹿肉をトライされることをお勧めします!
残りの滞在も安全に楽しんでくださいね!
いずれ飛騨牛食べに岐阜に行きますのでその時はよろしくお願いします!

  • 2008/10/27(月) 02:15:38 |
  • URL |
  • ぶち #-
  • [ 編集]

またブローに行っていたんですね。私は風邪で身動きが出来ませんでした。
ところで、岐南にもジムがあったとは知りませんでした。私が名古屋駐在だった頃、そばにあった岐南の取引先に良く行っていたことを思い出しました。

  • 2008/10/27(月) 05:27:04 |
  • URL |
  • ぽち@犬小屋 #-
  • [ 編集]

今やほとんどすべての都道府県にジムはあるんじゃないかな。
いずれ北九州市にもできてほしいなあ。

  • 2008/10/27(月) 16:31:58 |
  • URL |
  • ぶち #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://climbingbuchi.blog95.fc2.com/tb.php/729-a7c78d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。