Life in Amsterdam

サラリーマンクライマー、山のない国でどこを登る?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bleau.info

フォンテーヌブローでのボルダリングを楽しむために欠かせないのがこのhttp://bleau.info/

Webでブローの情報を検索していてたまたま見つけたサイトだが、それ以降、遠征の下調べには欠かせない貴重な情報源となった。

英語・仏語・蘭語の3ヶ国語で展開されているこのサイトはオランダ人によって運営されている。ちなみに編集者の一人はBart van Raaijというロッテルダム近郊に住んでいるオランダ人であるが彼はブローのグレード7以上の課題を1789個も集めたトポ、”7+8”の著者でもある。こういうところにオランダ人の商魂というか、(日常生活では「決して」感じない)偉大さを感じる。

さて、この15000課題以上が載っているサイトの使い方だが、僕は下記のようにして利用している。

1.目標課題の情報収集
2.目標課題探し
3.登った課題登録
4.その他情報収集
5.お買い物


1.課題の情報収集
例えば、Bas Cuvierというエリアにはブローで初めて登られた6a、Marie Roseという課題があるが、その課題についてトポに載っている以上の情報を集めたければ、サイト上部のSearchで”Marie Rose”と入力すればMarie Roseのページへとリンクされる。Marieとだけ入力しても候補リストが出てくるので分かりやすい。

載っている情報はこんな感じ。カッコ()内はMarie Roseの情報。
・5つ星評価(4つ星)
・エリア名(Cuvier)
・壁種類(垂壁)・ホールド種類(スローパー)
・課題名・グレード(La Marie-Rose・6a)
・サーキットの色・課題番号(赤色サーキット22番)
・備考(ブローで初めての6a)
・グレーディング(リピーターによる評価、6aが86%だが6a+という評価も12%ある)
・写真
・ビデオ
・リピーターのリスト

課題の人気度合いによって上記の一部しか掲載されていない課題も多い。

僕が重宝しているのが上記の「グレーディング」・「種類」・「備考」・「写真」・「ビデオ」。

「グレーディング」はトポによってバラつきがある課題があるため、Bleau.infoを最新情報として参照している。

「種類」は自分のクライミングスタイルに合ったものを選ぶときに必要。苦手なスラブの7aなんて見るのもイヤ(登れるようにはなりたいけど)。

「備考」は課題によって限定が記載されているので注意。

「写真」・「ビデオ」は事前のムーブ解析に役立つ。僕はボルダリングではオン・サイトを重視していなく、限られた時間の中でどれだけ効率よくおもしろい課題を沢山登るかを重視しているため事前にできるだけ写真とビデオを見て自分の中でムーブを組み立てておく。ただし、欧州人はでかいので役に立たないケースもままある(そんなとこスタート位置から手届かん!みたいな)。


2.課題探し
トポに載っているお勧め課題以外に自分に合ったおもしろそうな課題を探すときにも利用。

僕の探し方は「エリア経由」と「クライマー経由」の二通り。

まず「エリア経由」の課題探しではBleau.infoサイトの上方”AREAS”から任意のエリアを選ぶ。例えばBas Cuvierで調べたいのであれば、”AREAS”→”Cuvier-Chatillon”→”Cuvier”へと進むとBas Cuvierのページへ行く。

このページに載っている情報。
・パーキングのGPS位置
・トポ(エリアによってはない)
・グレード7a以上の課題リスト
・グレード6c+以下の課題リスト
・サーキット別課題リスト

例えばこのBas Cuvierで7aの課題を調べたければ”Boulders starting at 7a”の”174 boulders”をクリック。

するとBas Cuvierの7a以上の課題リストがグレード順に表示される。課題によっては「5つ星評価」・「H.264」・「real」・「カメラマーク」と簡単な説明が記載されている。「H.264」と「real」はその課題のページにビデオがあるという意味、「カメラマーク」は写真があるという意味。

これら「5つ星グレーディング」・「H.264」・「real」・「カメラマーク」が記載されている課題ほど人気が高く、また「星」が多いほど課題の質がいい傾向にある。このようにして任意のエリアから目標課題を探し出す方法がひとつ。

次に「クライマー経由」の課題探しでは任意の課題のページに載っているリピーターを適当に選ぶところから始まる。例えば自分の目標グレードが6台だとすると、適当なグレード6課題のページ(ここではMarie Roseのページを例とする)に行き、そこに記載されているリピーターを適当に選ぶ。

2007年4月30日にMarie Roseを登ったフランス人、T. Flamantというクライマーのページに行くと、彼が登ったほかの課題のリストが出てくる。”see also: all XX reputations ordered by date, area ,difficulty”の”date”又は”area”又は”difficulty”のいずれかをクリックするとすべてのリストが表示される。そのリストの中に同じCuvierでグレード6b、Les Bretellesという課題を登っているが、そこへリンクすると写真やビデオはないものの、3.5つ星でリピーターも多いので「これはおもしろい課題かも」、ということになる(ちなみにこの課題、おもしろい。シットスタートバージョンは写真あり)。このように自分と同じレベルのクライマーが登っている課題から目標課題を探し出す方法がひとつ。

注意点としてはふたつ。

ひとつ、課題リストにたまに載っている”Morpho”とは「一手一手のホールド間の距離が遠いリーチ課題」という意味。欧州人にとって遠いものは日本人にとっては「遥か」遠いものとなるため注意。

ひとつ、オランダ人(NED)のクライマー。オランダ人の平均身長、男性185cm、女性175cmあり、日本人とリーチ差がありすぎるためムーブが参考にならない場合が多い。僕はフランス人やベルギー人のクライマーを参考にしている(それでもでかいクライマーが多いが)。


3.登った課題の登録
ブローで登った課題をBleau.infoに登録して自分のページを作ることができる。また、動画や写真も載せてもらえる。

登った課題の登録だけであればBleau.infoのスタートページの右欄の中ほどに”user: log in”があり、そこで簡単に個人のアカウントを作成できる。

写真やビデオをアップする場合にはサイト管理者にコンタクトした上、サーバーにアクセスするパスワードを作ってもらった上、簡単なソフトをインストールしなければならない。詳しくはここここを参照方。

ちなみに僕のプロフィール(こんな感じになる)。このBleau.infoに登録している日本人は僕と、かつてブローローカルとして登っていた千葉さんくらいかな。


4.その他情報収集
トップページに不定期にいろいろなブロー関連のトピックが掲載される。アーカイブを覗くと小山田大のインタビューもある。


5.お買い物
クライミングウェアやトポが買える。”7+8”の白トポも買えるが日本から発注した場合、トポ28ユーロに加え送料が20ユーロもかかる上、関税もかかる可能性があるため注意。これまで数回利用したが配達や支払いのトラブルはなし。ちなみにイタリアのクライミングウェアE9はオランダで問屋をしていたオランダ人がその仕事をやめてしまったためしばらくはオランダには入ってこなさそう、残念。
スポンサーサイト

コメント

ブロー情報

初めまして、先月ブローに行ってた者です。ブロー情報、色々調べたのですが、意外と情報が少ないまま、行っていました。帰ってからこちらのブログを見つけました。とても充実した情報で、これから行く人にも役立ちそうですね、ありがとうございます。僕らもたまるさん達にバキュビエで会いました(旦那さんは風邪でダウン?)。お会いできなくて残念です。ブロー、とても良いところですね。日本に帰ってからのボルダーは苦行のようです(笑)。これからもおじゃましたいと思いますので、宜しくお願いします。僕も簡単なブログを書いたので、よろしければ!(トラックバックはやり方がよく分かりませんでした)

  • 2008/11/04(火) 16:00:07 |
  • URL |
  • TKY #EvmDRqhQ
  • [ 編集]

コメントありがとうございます!
そうですか、お会いできなくて残念です。
ブロー、いいところですよね。今後も情報アップしていきますので、もし次にいらっしゃる機会があればご活用いただけるとうれしいです。
ブログ、じっくり拝見いたしますw
今後ともよろしくお願いします!

  • 2008/11/05(水) 06:09:33 |
  • URL |
  • ぶち #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://climbingbuchi.blog95.fc2.com/tb.php/732-e8573c6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。