FC2ブログ

Life in Amsterdam

サラリーマンクライマー、山のない国でどこを登る?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新組員

先週Klimhalで偶然日本人クライマーと出会った。

最近オランダに赴任されてきたサムさん。

オランダには過去に何十回も出張されていたが、今回赴任が決まったとのこと。

僕のブログも見ていただいていたそうだ。やっぱWebでオランダのクライミング検索したら僕のブログくらいしか出てこなかったようだ・・・

2日(日)にサムさんと一緒にハーレムのKlimmuurに行くことにして、迎えた本日。

朝起きると、原因不明の吐き気が。

なんだ?昨晩食べたものか?深酒してないし?腹は壊していないし?風邪か?

何か食べなくてはと思い、インスタントラーメンを作って少し食べたが、一層気持ち悪くなり断念。

しばらくしたら少しよくなったので、約束の10時半にサムさんと待ち合わせハーレムへ。

しかし、運転している間に乗り物酔いになったようで、ジムに到着したときはヘロヘロ。運転手は乗り物酔いしないって思っていたが・・・
IMG_0267.jpg
サムさんにジムのシステムを説明した後はソファーでグッタリ。こりゃ登るどころじゃないな。

前日ボルダリングコンペがあったようで、決勝用と思われる前傾壁が突貫工事で作られていた。完全にルート用のメインウォールを塞いでいる、さすがオランダ人、やることが違う。
IMG_0265.jpg
スラブ壁の角についている巨大ホールド。
IMG_0269.jpg
このジムの売りはこのストラクチャー。Champignonと呼ばれているが、仏語で「キノコ」。このキノコに取り付いているのがサムさん。
IMG_0268.jpg
しばらく休憩していたら徐々に回復してきて、歩き回りながら課題を見回り、ホールドを触り、登っている人を見ていたらやっぱり登りたくなってきた。

少し登ってみてダメなら諦めようと壁に取り付く。どれもこれも新しい課題で今回はいつもより質がいいようだ。

気づいたら打ち込んでいた。体調不良もいつの間にか忘れていた。

以前から薄々気づいてはいたのだが、自分、極めて単純・・・心身ともに・・・

ということでグレード7を2つ、グレード6は多数落とすことができた。サムさんも精根尽きるまで登った。

たっぷり登ってジムを後にする。気分は回復したものの胃腸の具合が心配なのでサムさんとの夕食は次回へ持ち越すこととなった。

サムさん、すでにオランダ組の正式組員ですので今後登りこんでいきますよ!覚悟方。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://climbingbuchi.blog95.fc2.com/tb.php/734-4d0d628f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。