FC2ブログ

Life in Amsterdam

サラリーマンクライマー、山のない国でどこを登る?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17回ブロー遠征2日目

日時:12月24日(水) 11:00~
場所:Rocher Greau、Bas Cuvier
参加者:ぶち

目が覚めて外を見ると濃霧。前日はあんなに晴れていたのに・・・冬の時期のブローは天気が変わりやすい。

Bas Cuvierに岩の状態を見に行くが、前日ほど出ないがやはり湿気ている。

登られていない岩には苔が生す。
DSC_0128d.jpg
これだけ湿度が高ければクライミングは無理そう、ということで目標課題の場所確認へ出発。

向かったのがブローから南にいったNemoursという町の近くにあるRocher Greau。

このエリアも霧がかかっていて下地はべしょべしょ。人っ子ひとりいない。

この岩にあるのがChaos (8b)。
DSC_0132d.jpg
これはTigre et Dragon (8a)。
DSC_0134d.jpg
ちょっと分かりにくいところにあったが、僕の目標課題、Oliver Twist (7a+)。
DSC_0138d.jpg
下部は主にカチ、上部はクラック。

横から見ると分かるが結構前傾している。
DSC_0142d.jpg
岩を見ていると一手目のホールドが一部分濡れているが、その他は乾いている。上部のクラックも見た目は大丈夫そう。

見ていたら登りたくなってきた。ちょっとだけトライしてみよう。

車に戻り装備一式を持って来る。この課題、下地が平らでない上、石があるため注意が必要。2回に分けて車に戻り持ってきたクラッシュパッドすべてを敷き詰める。

このエリアは下地がすべて濡れているのでシューズを濡らさないためにもアップなしでこの課題に取り付く。

下部のTwistを用いたムーブが面白い。少しリーチが必要とされる課題で、下のムーブを練習していたらアップ代わりになった。

打ち込んでクラックまでのムーブは組み立てることができた。

少し休んで本気でトライ。

下のムーブは何とか繋がり、クラックへ。しかし、このクラック、ホールドは大きいが砂っぽくてフリクションが悪い。

でもここまで来たからと必死に手を送りながらホールドを探る。

上部右側でガバがあり、それで終わりかと思ったが次のホールドが見えない。

焦りながら左手を手探りするが分からず、ちょっとヨレてきて黄色信号、思い切って体を上げたら左上のガバが見えてそれを半泣きで取る。

ヨレながらも何とか完登、危なかった。

この課題は下地が悪く、高さがある上に傾斜もあるためひとりでは登らないほうがいい。

ちなみにこの岩からの下降も難しい。特に上部に苔が蒸していてシューズが濡れた途端にフリクションがなくなり降りるに降りられなくなった。最後は濡れた木にしがみついてなんとか下降。

ムーブが面白く登り甲斐はあるが体力的にも精神的にも疲れる課題だった。

このエリアを後にし、Bas Cuvierに行く。

Pince Mi (7b+)を触ってみるがやっぱりまだ乾いていない。構わず打ち込んでいたら手が滑って危ない落ち方をしたので諦めることとする。滑ったときに指の関節を岩に打ち付けてしまい出血・・・

休憩していたら小鳥が。
DSC_0163d.jpg
人に慣れているのか近寄ってくる。
DSC_0157d.jpg
DSC_0168d.jpg
岩と見事に同色。
DSC_0143d.jpg
DSC_0165d.jpg
DSC_0167d.jpg
なんか癒された。

この後、Bas Cuvierから北にあるショッピングモールへ行ってみる。

カラフールというスーパーやデカトロンというアウトドアショップがある。
DSC_0182d.jpg
思った以上に大きなモールで驚かされた。デカトロンにはクライミングシューズなどがあるが品揃えは少ない。
DSC_0179d.jpg
DSC_0180d.jpg
この日はホテル近くのスーパーChampionで惣菜を買ってホテルで食事。ビーフシチューが最高にうまかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://climbingbuchi.blog95.fc2.com/tb.php/764-0fb5a150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。